Macでfnキーを使わずF7だけで文字をカタカナ変換する設定方法

WindowsPCではテキストを全角カタカナ変換するときに「F7」キーだけを使いますが、Macでは「F7」キーに加えて「fn」キーも同時に押さなければなりません。

これではWindowsPCからMacに乗り換えた方は不便に感じてしまいますよね?

そこで本記事ではMacの「F7」キーだけでテキストを全角カタカナ変換できるようにする設定方法を解説します。

fnキーを使わずF7だけで全角カタカナ変換する設定方法

スクリーンショット 2014-06-23 9.02.05
▲まず、システム環境設定アプリから「キーボード」を選択します。

 

スクリーンショット 2014-06-23 9.04.25
そしてF1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」のところにチェックを入れます。

設定はこれだけです。これでファンクションキーの割り当てが標準設定となり、WindowsPCのように「F7」キーのみでテキストの全角カタカナ変換ができるようになります

注意点

注意点としては、上記の設定をすることによってデフォルトでは「fn」キーを押さなくても動作していたファンクションキーで反対に「fn」キーが必要となってしまいます。

設定変更前と変更後の違いは下表のとおりです。

変更前(デフォルト) 変更後
ディスプレイの輝度を下げる(暗くする) F1 「fn」+「F1」
ディスプレイの輝度を上げる(明るくする) F2 「fn」+「F2」
ミッションコントロールを起動 F3 「fn」+「F3」
Launchpadを起動 F4 「fn」+「F4」
キーボードの輝度を下げる(暗くする) F5 「fn」+「F5」
キーボードの輝度を上げる(明るくする) F6 「fn」+「F6」
テキストのひらがな変換 「fn」+「F6」 F6
テキストの全角カタカナ変換 「fn」+「F7」 F7
曲戻し F7 「fn」+「F7」
テキストの半角カタカナ変換 「fn」+「F8」 F8
曲の再生・一時停止 F8 「fn」+「F8」
テキストの全角英字変換 「fn」+「F9」 F9
曲送り F9 「fn」+「F9」
テキストの半角英字変換 「fn」+「F10」 F10
消音・消音の解除 F10 「fn」+「F10」
音量を下げる F11 「fn」+「F11」
デスクトップ画面を表示 「fn」+「F11」 F11
音量を上げる F12 「fn」+「F12」

個人的にはMacを使ってテキストを入力する機会が非常に多く、「F7」でスムーズにカタカナ変換したいので設定を変更しています。

しかし、Macで音楽を聴く機会の多い方は再生や一時停止(F8)、曲送り(F9)をよく使うと思います。そのような方は「fn」キーを使わないデフォルトの設定のほうが使いやすいかもしれません。

F7全角カタカナ変換と天秤にかけて使いやすいほうを選んでください。