MacのF1、F2 などのキーは設定を変更しておくと時間短縮で便利

WindowsからMacに乗り換えたら最初に確認しておきたいキーボード操作3つ」というエントリーではカタカナ変換のやり方ついて「fn+F7キー」を使う内容をご紹介しましたが、このままではちょっと面倒なので今回はもっと簡単にカタカナ変換をするための設定方法をご紹介します。

特にWindowsからMacに乗り換えた人はこの設定をしておくほうが使いやすいのではないかと思います。  

ファンクションキーの設定方法

スクリーンショット 2014-06-23 9.02.05
▲まず、システム環境設定から「キーボード」を選択します。

 

スクリーンショット 2014-06-23 9.04.25
そして「F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」のところにチェックを入れます。

これだけで設定完了です。  

なにがどう変わったか

上記の設定変更を行うことで、標準では「fn+F7キー」を押さなければカタカナ変換ができなかったところを、これからはWindowsのように「F7キー」のみで変換することができるようになります。

ただし、この設定をするとこれまで「fnキー」を押さなくてもよかった全ての「Fキー」がこれからは「fn+Fキー」となってしまいます。

とはいえ、輝度や音量の設定は頻繁に行うものではないためあまり支障はないかと思います。

Macに乗り換えたばかりでWindowsの「F7キー」によるカタカナ変換に慣れている人はお試しください。

広告