Macのファンクションキーは設定を変更するとF7カタカナ変換がラクになる!

本記事ではF1、F2 などのファンクションキーの設定を変更する方法をご紹介します。

以前「WindowsからMacに乗り換えたら最初に確認しておきたいキーボード操作3つ」という記事でカタカナ変換のやり方ついて「fn」+「F7」キーをご紹介しましたが、以下の方法でファンクションキーの設定を変更しておけば「fn」キーを押さなくても「F7」キーのみでカタカナ変換できるようになります

WindowsPCではカタカナ変換の際に「F7」キーだけ使いますが、WindowsからMacに乗り換えたばかりの方はこの設定をしておいたほうが使いやすいのではないかと思います。よければ参考にしてください。

ファンクションキーの設定方法

スクリーンショット 2014-06-23 9.02.05
▲まず、システム環境設定アプリから「キーボード」を選択します。

 

スクリーンショット 2014-06-23 9.04.25
そして「F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」のところにチェックを入れます。

これだけで設定完了です。

注意点

上記の設定変更を行うことで、WindowsPCのように「F7」キーのみでカタカナ変換ができるようになります。

ただしこの設定をすると、これまで「fn」キーを押さなくても動作していた全てのファンクションキー(F○キー)で逆に「fn」キーが必要となってしまいます。(「fn」+「F○」キーとなってしまいます)

とはいえ、輝度や音量の調節はカタカナ変換に比べると頻繁に行うものではないため、個人的には設定を変更しておくほうが作業効率は上がるのではないかと思います。

よければお試しください!

記事執筆者つっつん
つっつん
Macで音楽を聴く機会の多い方は再生や一時停止(F6)、曲送り(F9)をよく使うかもしれません。そうなると「fn」キーは使わないデフォルトの設定が良いのかもしれません。カタカナ変換と天秤にかけて用途に合った設定をしてください♪