スポンサーリンク

Macでスクリーンショットをトリミングする方法

この記事ではMacのスクリーンショット機能で撮影した画像をトリミングする方法をご紹介する。

基礎的な内容だが、当ブログのアクセス解析の結果を見た限りではまだまだやり方を知らない人が大勢いるものと思われる。Mac初心者は、ぜひこの記事でやり方をマスターして帰ってほしい。

その前に、まずはスクリーンショットの撮影方法からおさらいしておきたいと思う。

スポンサーリンク

Macでスクリーンショットを撮る方法

スクリーンショットの取り方は下記の3つの方法を覚えておくといいだろう。

ウインドウ画面全体を指定して撮る

「command」+「Shift」+「4」+「スペースキー」

カメラマークのマウスポインターが現れるので、そのままクリックボタンを押せばウインドウ画面全体のスクリーンショットが保存できる。

 

全画面のスクリーンショット撮影

「command」+「Shift」+「3」

先ほどの「ウインドウ画面全体を指定して撮る」やり方では画面最上部のメニューバーなどが映らないのに対し、この方法であればWindowsの「PrtScrキー」のように全画面のスクリーンショットがそのまま保存できる。

 

範囲を指定して撮影

「command」+「Shift」+「4」クリックボタンを押しながら範囲を指定して撮影

範囲を指定したスクリーンショットを撮影、保存できる。

 

スクリーンショットをトリミング

続いて、上記の方法で撮影したスクリーンショットをトリミングする方法をご紹介する。

 

ss_2016-02-29_11_21_04

▲トリミング(切り取り)したいのは、赤枠で囲った部分としよう。

 

 

ss_2016-02-29_11_25_41

▲まずは、スクリーンショットで保存された画像をプレビューから開き、赤枠で囲ったアイコンをクリックする。

 

 

ss_2016-02-29_11_28_14

▲次いで、「長方形で選択」をクリックする。(用途に合わせて楕円なども使う)

 

 

ss_2016-02-29_11_30_56

切り取りたい範囲をマウスやトラックパッドをクリックしたままの状態で選択したら、一旦クリックボタンから指を離して「切り取り」ボタンをクリックする。

 

 

ss 2016-02-29 11.31.11

▲これでトリミングが完了した。

あとは「ファイル」>「保存」から保存すれば完了となる。

 

Macの基本がわかる本

 

・Macの使い方に関するその他の記事はこちら→Mac Tips

スポンサーリンク