Macで画面全体のスクリーンショットを撮るときはChromeのプレゼンテーションモードが便利


今回はMacの主ブラウザをChromeにしている場合のお話です。

早速ですが、Macで画面全体のスクリーンショットを撮る際にブックマークバーなどが邪魔だなぁ〜と感じたことはありませんか?

スクリーンショット_2015-08-21_10_41_26

これに関しては「command(⌘)+Shift+4」を使ってブックマークバーなどを避けて必要な部分だけ調整して撮る方法もありますが、ブラウザをChromeにしている方はもっと簡単な小技がありますのでご紹介します。

プレゼンテーションモード

その方法は、プレゼンテーションモードです。

本来はプレゼンを行う際に便利なChromeの機能ですが、僕は画面全体のスクショを撮る際によく使用しています。

この方法なら一瞬でブックマークバーなどが写らないスクショを撮ることができます。

手順は以下の通り。

手順1

まず「command(⌘)+control+F」というショートカットキーを押してプレゼンテーションモードを開始します。(画面上のメニューバーにある「表示」>「フルスクリーンにする」からでもできますが、できればショートカットを覚えたほうが作業がスムーズです)

手順2

次いで「command(⌘)+Shift+3」で全画面のスクショを撮ります。

もしくは「command(⌘)+Shift+4+spaceキー」で画面全体が選択された状態にしてクリックでもOKです。(画面全体が選択された状態から撮影せずに元に戻す場合は「esc」キー)

手順3

再度「command(⌘)+control+F」を押してプレゼンテーションモードを終了させれば作業完了です。

スクリーンショット_2015-08-21_10_41_35 2

▲ちゃんとブックマークバーやタブを写さずにスクショが撮れてますね♪

Chromeをメインブラウザにしている方はぜひお試しください。