Macのキャプスロックキー(caps)はなんのためにあるのか?


Macキャプスロックキー(capsキー)ってどのような機能があるのか知ってますか?そして使ってますか?

Macの「capsキー」は、上のアイキャッチ画像にもあるように有効の状態で緑色に点灯します。

この「capsキー」にいつの間にか手が当たって、パスワードの入力などがうまくいかないなんていうのはよくある話です。

僕も同じようなことをやってしまって、なんやねん!と思ったことが何度もあります。(笑)

ですがこの機能、意識して使うと割と便利なんです。

どのような機能かと言うと、「capsキー」を有効の状態にすると英字が全て大文字で入力されます。

「capsキー」を使わなくても「Shiftキー」と同時押しで大文字にすることもできますが、それではタイピングがし辛いですし、スピードが落ちてしまいますよね。

なので、大文字だけで続けて英字入力したいときは「capsキー」が役に立つというわけです。

なかなか使う場面は少ないかもしれませんが、機会があれば使ってみてください。



それでも「capsキー」は必要ないという方は、ボタンを無効化にしたり効果を変更することも可能

スクリーンショット 2015-08-30 17.22.14

いやいや、いつの間にか手が当たって困るので「capsキー」は使いません!という方は、

「システム環境設定」>「キーボード」>「修飾キー…」

からボタンの効果を変更したり無効にしたりできます。

WindowsからMacに乗り換えたばかりの方はこの設定から「capsキー」を「Ctrlキー」に変更した方が配置的にコピペがしっくりくるかもしれませんね。興味のある方はぜひお試しあれ!