Macに入っているiTunesの音楽をiPhoneでいつでも聴く方法


前回はホームシェアリングで音楽を共有する方法をご紹介しましたが、本日はPCのiTunesとiPhoneを同期させてiPhoneでもPCの中にある音楽を聴けるようにする方法をご紹介してみます。

CDレンタルショップで借りてきた音楽をMacに取り込んで聴いている人は iPhoneでもお気に入りの音楽を聴けるようにしちゃいましょう!

追記:2019年11月

当記事は2014年に作成された記事です。最新の内容はお手数ですが記事の下のほうにある追記)Macに入っているiTunesの音楽をiPhoneと同期して聴けるようにする方法という見出しまで飛ばしてご覧ください。



iTunes内の音楽をiPhoneを同期させてiPhoneでもMacの中にある音楽を聴けるようにする方法

手順1

1
iTunesを起動させてiPhoneをMacと接続させます。

赤枠のように「iPhone」と表示されたらそこをクリックしてください。

追記:2015/1/18

赤枠の表示方法が変わってます▼ スクリーンショット_2015-01-18_12_38_18  

手順2

2
▲画像のように「ミュージック」を選択して、「音楽を同期」にチェックを入れます。

このまま「同期」をクリックすればミュージックライブラリ全体の曲がiPhoneと同期されますが、曲選択したい場合は手順3を読んでください。

追記2:2015/1/18

赤枠の表示方法が変わってます▼ スクリーンショット_2015-01-18_12_49_55   3
この際、上の画像のような文章が出てきた場合は「削除して同期」を選択すれば同期ができますが、MacとiPhoneのiTunesの内容が違う場合はiPhoneの内容が削除されてしまうと思いますので注意してください。

ライブラリ全体ではなく、お気に入りの音楽だけを選んで同期させたい場合は手順3のようにお願いします。  

手順3

4
▲赤枠の「選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンル」を選択すると、画面下側に様々なチェックボックスが現れます。

ここでお好きなジャンルやアルバム、アーティストなどを選んで「適用」をクリックすれば同期が開始されます。

同期が終わったらiPhoneで「ミュージック」アプリを開いてください。

My musicのライブラリにある「最近追加した項目 〉」をタップして、その中に同期した音楽が入っていれば完了です♩  

追記)Macに入っているiTunesの音楽をiPhoneと同期して聴けるようにする方法

2019年11月現在、Macに入ってあるミュージックをiPhoneに同期させる手順は以下の通りです。

手順1

▲Macの「ミュージック」アプリを起動し、MacとiPhoneをLightningケーブルで繋ぎます。

繋いだら画面左側の「デバイス」セクションに表示される『iPhone』という箇所をクリックします。

手順2

『同期設定…』をクリックします。

手順3

『ミュージック』という箇所をクリックすると音楽を iPhoneと同期するための設定画面が表示されます。

ミュージックライブラリ全体を同期するのか、またはアーティストやアルバム、ジャンル、プレイリストを個別に選択して同期するのかを選び、個別に選択する場合は目的のアーティストやアルバムにチェックを入れて『適用』をクリックすれば同期が開始されます。

同期が終わったらiPhoneで「ミュージック」アプリを開いてください。

ライブラリに同期した音楽が入っていれば完了です♩