iTunesを共有させてMacに入ってる音楽をiPhoneで聴く方法【ホームシェアリング】


今回はMacのiTunesに入ってる音楽をホームシェアリングで簡単にiPhoneでも聴く方法をご紹介します。  

Macの操作

まずは以下の手順によりMacでホームシェアリングの準備をしておきます。  

【Macの手順】

  1.  画面左上の  マーク >「システム環境設定」の順に選択。
  2. 「共有」をクリック。
  3. 「メディア共有」をクリック。
  4. 「ホームシェアリング」を選択し、Apple ID でサインインする。
  5. 「ホームシェアリングをオンにする」をクリックする。

PCはMacでなくWindowsのiTunesでも大丈夫です。Windowsの方は最新バージョンの iTunes for Windows がインストールされていることを確認し、以下の手順で進めてください。

【WindowsPCの手順】

  1. iTunes for Windows を開く。
  2. サインインしていない場合はApple ID でサインイン。
  3. iTunes ウインドウの上部にあるメニューバーから「ファイル」>「ホームシェアリング」>「ホームシェアリングをオンにする」の順に選択する。

iPhoneでの操作

続いてはiPhone側の操作です。

まず、ミュージックアプリを起動させます。

右下にある「その他」をタップします。

次に「共有」をタップします。(iPhoneでサインインしておく必要あり。「その他>ミュージック」)

【追記:やり方が変わりました

ここのやり方が変わっています。

まずは iPhoneで「設定」>「ミュージック」と進みます。

一番下までスクロールさせたところにある「ホームシェアリング」をタップします。

「サインイン」をタップしてサインインします。

「ミュージック」アプリを起動させます。

 

▲ミュージックアプリの「ライブラリ」の中に「ホームシェアリング」が表示されていれば共有完了です。「ホームシェアリング」をタップして音楽が共有されているかどうか確認してください。(もし「ホームシェアリング」が表示されない場合は「MacとiPhoneで音楽をホームシェアリングできない人に確認してほしいこと!」 をご覧ください)

管理人の感想

いかがでしょうか。

ホームシェアリングはなかなか粋な機能だと思うのですが、実はMacのiTunesを起動させたままにしておかなくてはいけません。iPhoneで聴くときにいちいちPCを起動させるのが面倒だって人はMacのiTunesとiPhoneを同期させる方法もあります。

この方法ならMacのiTunesに入ってある音楽をいつでもiPhoneで聴けるようになります。

そちらのやり方は以下の記事をご覧ください。