【iPhone・iPadの画面収録失敗】Cocoa error -1で保存できない時の対処法

iPhone・iPadの画面収録失敗(Cocoa error -1.)

よくiPadでゲームをする筆者はプレイ画面を録画することが多いのだが、最近になって「Cocoa error -1」というエラーにより画面収録の保存に失敗するケースが増えてきた。

具体的には、画面収録を終了するボタンをタップした数分後に冒頭のような「画面収録は次の理由により保存できませんでした:The operation couldn’t be completed.(Cocoa error -1.)」というメッセージが表示される。このメッセージが表示された場合「OK」をタップするしかなく、収録は保存されないままになってしまう。

そこで、この問題に対して以下のように対処してみた。

  • iOSデバイスの再起動
  • 十分なストレージ空き容量の確保

iOSデバイスの再起動

まず行ったのはiPadの再起動である。

今回の問題だけに限らず、デバイスの挙動がおかしいときに再起動をかけるのは基本中の基本。

端末を再起動をすることで一時的にエラーが改善されることは意外と多いのだ。

しかし今回のエラーはデバイスの再起動で改善されなかった。

十分なストレージ空き容量の確保

次に行ったのはiPadのストレージ空き容量の確保である。

収録が保存できないということは、保存するスペースが足りなくなっている可能性は高い。

結果、筆者のiPadはストレージ空き容量を十分に確保することでエラーが起きなくなった

iPhone・iPadのストレージ容量の確認方法

iPhone・iPadのストレージ容量の確認方法は以下のとおり。

[設定] > [一般] > [iPhone(iPad)ストレージ]

ストレージ容量を確保する

ストレージ容量を確保する方法は色々あるが、一番手っ取り早く効果的なのは動画の削除である。

動画は容量が大きいため、要らない動画が保存されている場合は削除することをお勧めする。(削除したあとは [最近削除した項目] に残っている動画も削除すること)

また一般的な方法として、どうしても削除できない動画が多い人は、それらの動画をPCに転送してiPhone・iPadの中にある動画は削除する方法もある。

PCのストレージが圧迫されている人は外付けHDDやmicroSDに保存しておくと良いだろう。

まとめ

今回はストレージ容量の確保で改善できたが、それでも改善しない場合はOSのアップデートやデバイスのリセットが必要かもしれない。これらの操作を行う場合は必ずバックアップを取ることをお忘れなく。

また、分からないことがあればAppleサポートに問い合わせてみるとサポート担当スペシャリストが丁寧に対応してくれるはずだ。Apple製品について何か問題を抱えているユーザーは以下の連絡先に問い合わせてみると良いだろう。

【Appleサポート】

電話番号:0120-993-993

受付時間:平日午前9時から午後9時、土日祝日は午前9時から午後6時まで

 

おすすめ記事

【Tips】アプリ使用時にiPhoneの電源/音量ボタンを無効化する方法

【Razer Hammerhead Pro V2 マイク付きゲーミングイヤフォン レビュー】iPhone純正イヤホンとの違いは?PUBGモバイルで検証

iPhoneで撮った動画(ビデオ)や写真をトリミング(切り取り)する方法