スポンサーリンク

iPhoneの低電力モードを解除する方法

低電力モードは「iOS 9」から搭載された機能だが、外出先で iPhoneのバッテリー残量が20%になって久々に低電力モードにしたら設定を解除する方法をすっかり忘れていた。

初歩的なことだが、今一度おさらいしておこうと思う。

スポンサーリンク

低電力モードを解除する方法

停電力モードを解除する方法は2つある。

1つめは、「設定」>「バッテリー」から停電力モードをオフにするやり方。

2つめは、手動で解除せずに充電でバッテリーが80%まで回復して自動解除されるのを待つやり方だ。

しっかり充電できる環境でしばらく iPhoneを使用しないのなら2つめの方法でいいかもしれない。

でも今すぐに使いたい場合、低電力モード中では画面が暗くなる間隔も短く、処理速度も低下するため通常モードより使いづらくなってしまう。

そのため TPOによっては手動で解除したほうがいいだろう。上記の解除方法をよく覚えておきましょう!

 

なお、これは余談だが、非正規店で iPhoneの修理をしたことがある人は低電力モードを搭載した「iOS 9」へのアップグレードに注意が必要となる。場合によっては故障の原因にもなるので止めておこう。

詳しくはコチラ▶︎エラー53?非正規店でiPhoneの修理をしたことがあるならiOS9は待った!

スポンサーリンク