スポンサーリンク

【iOS9】iPhoneは画面を裏向きにして置くと節電効果がある

iOS 9の iPhoneは、画面を下向き(裏向き)にして置くと消費電力が節約できることを知っていますか?

この機能は、画面を下向きにすることによりフェイスダウン検出機能が働き、通知した際の画面の点灯を自動的にオフにします。これにより、バッテリーの消耗を防ぐことができるというわけです。

点灯がオフになっても、通知に気がついた場合はiPhoneを手で少し持ち上げればすぐに点灯してくれます。長時間iPhoneの近くにいない場合など、気がつかない間に通知でバッテリーが減ってしまうのをある程度防いでくれそうですね。

利用可能なiPhone

フェイスダウン検出機能が使えるのは、iPhone 5siPhone 6iPhone 6PlusiPhone 6siPhone 6sPlus、となっています。

iPhone5やiPhone5C、iPhone4Sには対応していませんのでご注意ください。

スポンサーリンク

管理人のひとこと

iOS9では低電力モードでバッテリーの消費が大幅に改善されましたし、それに加え、普段から画面を下向きに置いておく癖を付けておけばさらなる節電を期待できますね。

ではまた。

スポンサーリンク