スポンサーリンク

iPhoneのAirDropで他人に名前がバレたくなければやっておいたほうがいい2つの設定方法

昨日、はてな匿名ダイアリーに投稿された「電車で見ず知らずの女性の名前を知る方法」という投稿がネット上で話題になっていた。

その内容は、iPhoneのAirDropという機能で周りにいるiPhoneユーザーの本名がわかってしまうというもの。

AirDropとは、Apple製品同士で写真などのデータが転送できる機能で、僕もiPhoneからMacに写真を送るときによく使っている。

【関連】OS X YosemiteにアップグレードしてAirDropを使ってMacにiPhoneのデータを取り込んでみた

では、なぜ周りにいるiPhoneユーザーの本名がバレてしまうのか。それは、AirDropが全ての人から検出可能な状態になっている自分のiPhoneを他のユーザーが自動的に検出してしまうからだ。

検出画面はカメラロール内の写真選択時やネット閲覧中に共有メニューを開けば表示されるが、もし他人に検出されてもiPhoneのデバイス名を変更している人は本名が知られることはない。だが、デバイス名をデフォルトの状態(本名)から変更していない人が多いため、昨日のように「電車で見ず知らずの女性の名前を知る方法」という話が話題になったのである。

スポンサーリンク

AirDropで他人に本名を知られないための設定

AirDropで他人に本名を知られないようにするための設定方法は以下のとおり。

① iPhoneのデバイス名を変更

iPhoneのデバイス名変更

▲まずは、検出されたときに表示されるデバイス名の変更から。

デバイス名は「設定アプリ」>「一般」>「情報」>「名前」から変更することができる。

ここに本名が入っている人はニックネーム等に変更しておきましょう。

② 検出可能な範囲の設定

コントロールセンター

▲続いて、検出可能範囲の設定。

iPhoneの画面を一番下から上に向かってスワイプさせてコントロールセンターを表示し、AirDropの箇所をタップする。

 

AirDrop受信検出設定

▲ここを「受信しない」に設定しておけば、AirDropを使った検出はされなくなる。AirDropは一切使わないという人は「受信しない」でOKでしょう。

また、AirDropを使う人は「連絡先のみ」に設定しておけば、連絡先に登録してある人からしか検出されなくなる。

AirDropを使うたびに受信設定を行うのもアリだが、それは面倒なのでiPhoneのデバイス名を変更して検出可能範囲を「連絡先のみ」に設定しておくことをオススメします。

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク