スポンサーリンク

iPhoneのコントロールパネルにある緑色の電波みたいなマークの意味は?

Pocket

Wi-Fiのオンオフやおやすみモード、音楽の再生や音量の調節などでiPhoneのコントロールパネルを開くことは多いと思うが、飛行機アイコン(機内モード)の隣にある緑色の電波みたいなマークがどんな機能なのか知っているだろうか。

意外と知らない、というか気に留めたこともないという人が大半ではないかと思う。

知っていて損はない機能なのでぜひ覚えておいてほしい。




緑色のアイコンはモバイルデータ通信のオンオフ機能

答えから先に言うと、この緑色のアイコンはモバイルデータ通信のオンオフを切り替えるためのボタンである。

モバイルデータ通信とはWi-Fiを使用していないときのインターネット通信(パケット通信)のことで、コントロールパネルにあるデータ通信アイコンが緑色に点灯した状態ならモバイルデータ通信はオンとなり、タップして緑色が消えるとオフになる。

iPhoneの電波が4Gに繋がらない時の解決方法」という記事にも書いたが、この機能をオフにするとWi-Fiに接続した状態でなければインターネット通信ができなくなるため注意が必要となる。

何のための機能?

インターネットに繋がらなくなるなら必要ない機能ではないのか、と思うかもしれないが、ちゃんと意味はある。

例えば、月末に近付いてギガ(通信量)が足りなくなってきたときに、モバイルデータ通信をオフにしておけばWi-Fi環境以外での無駄なギガの消費が抑えられ、速度制限を回避することができる。

キャリア回線からのインターネット接続を遮断した状態になるためWi-Fiに接続しなければWebの閲覧などはできないが、電話やSMSは通常どおり使うことができる。

また、モバイルデータ通信をオフにすればWebの閲覧だけでなく通知も遮断されるため、バッテリーの消費を抑えることも可能となる。

加えて、位置情報サービスもすべてオフにすれば更なるバッテリー消費の節約に繋がる。

Webの閲覧ができない、SNSができない、アプリが使えないといったデメリットはあるものの、ギガが足りなくなりそうなときやバッテリーの残量が少ないときに有効な手段なので覚えておくといつか役に立つ日がくるかもしれない。


[Follow me!!] 記事の更新情報をお届けします

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る