【Tips】iPhoneやiPadで撮る写真の拡張子を「.HEIC」から「.JPG」に戻す方法

「iOS 11」以降を搭載した一部の iPhone、iPadではカメラアプリの設定に「フォーマット」という項目が加わり、撮影した写真の拡張子が「.HEIC」になる。

「.HEIC」は従来の「.JPG」に比べ圧縮率が高く、ファイルのサイズを小さくするというメリットがあるが、何かと使い勝手が悪いシーンもあるだろう。

細かいことはさておき、この記事をご覧の方はとにかく iPhoneやiPadで撮る写真の拡張子を「.HEIC」から「.JPG」に戻したいという人が多いはずなので、以下ではそのやり方を説明したいと思う。

拡張子を「.HEIC」から「.JPG」に戻す方法

▲まずは「設定」アプリを開いて「カメラ」をタップする。

 

▲次に「フォーマット」をタップする。

 

▲ここで「互換性優先」にチェックを入れれば完了。

これで次回から撮影する写真はJPEG形式で保存される。  

Pocket


[Follow me!!] 記事の更新情報をお届けします

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る