Macbookでコピペする3つの方法とiPhoneとコピペを連動させる方法

ユニバーサルクリップボード

本記事ではノート型Macでテキストをコピペする方法と、コピペしたテキストや写真をiPhoneと連携させる方法をご紹介する。

WindowsからMacに乗り換えたばかりの方はトラックパッドの操作やショートカットキーによるコピペのやり方が若干異なるため戸惑う部分があるはずだ。ぜひマスターして帰ってほしい。

Macbookでコピペする3つの方法

ノート型Macでテキストをコピペする方法は以下の3つとなる。

①マウスで右クリックを使う方法

マウスがある場合、コピーしたいテキストを左クリックで選択した状態で右クリックする。

そこで「コピー」をクリックすればコピーできる。

あとはペーストしたい箇所で再度右クリック「貼り付け」をクリックすればOKだ。

記事執筆者つっつん
つっつん
この方法はWindowsと同じなので簡単ですね!

②マウスを使わずトラックパッドだけでコピペする方法

マウスを使わずトラックパッドだけでコピペする場合はトラックパッドをどのように操作すればテキストが選択でき、左クリックや右クリックができるのかを覚える必要がある。

やり方は下記のとおり。

・トラックパッドを指1本でクリック(押し込む)したまま指をスライドさせ、指を離することでテキストを選択できる(設定を変更すれば3本指で簡単にテキスト選択することも可能)
・トラックパッドを2本で1回クリックする→右クリックとなる
・トラックパッドを指1本で1回クリックする→左クリックとなる
↑この基本操作がわかれば、あとの要領はマウスと同じである。
コピーしたいテキスト上でクリックしたまま指をスライドさせて選択し、指2本で右クリック、そして「コピー」を指1本で左クリックする。
あとは貼り付けたい箇所で右クリック(指2本)し、指1本で「貼り付け」をクリックすればOKだ。
記事執筆者つっつん
つっつん
実は③で紹介するショートカットキーが一番カンタンなんですが、トラックパッドでテキストを選択する方法は知っておく必要があるので先にご紹介させていただきました!

③ショートカットキーを使う方法

マウス、もしくは②の方法でコピーしたいテキストを選択したら、以下のショートカットキー操作で簡単にコピペすることができる。

ショートカットキーの操作は下記のとおり。

・【コピー】:command(⌘)」+「C

・【ペースト】:command(⌘)」+「V

・【切り取り】:「command(⌘)」+「X」

記事執筆者つっつん
つっつん
WindowsPCは「Ctrl」キーを使いますが、Macでは「command」キーを使うので乗り換えたばかりの方は間違えやすいですよね。
あと、「command」キーの位置的に小指は使わないのでWindowsの「Ctrl」キーに慣れている方は違和感があるかもしれません。僕も最初は違和感がすごかったです!

【関連】Macの基本ショートカットキーまとめ!よく使う操作を今一度再確認

iPhoneとMacのコピペを連動できる「ユニバーサルクリップボード」の使い方

続いて、iPhone(iPadも可能)とMacでコピペを連動できる「ユニバーサルクリップボード」という機能を紹介する。

iPhoneを「iOS 10」以上に、そしてMacを「macOS Sierra」以上にアップデートしている方は利用できるので試してみてほしい。

 

機能を紹介するにあたり、今回は iPhoneのメモアプリとMacのPagesでコピペを連動させてみた。

ユニバーサルクリップボード

▲まずは iPhoneのメモアプリからテキストをコピーする。

 

 

ユニバーサルクリップボード

▲そしてMacのPagesアプリにペーストする。

 

 

ユニバーサルクリップボード

▲きちんとコピペされた!

 

 

ユニバーサルクリップボード

▲逆にMacから iPhoneにコピペする場合も要領は同じ。

まずはMacでテキストをコピーして…

 

 

ユニバーサルクリップボード

▲iPhoneに貼り付けるだけである。

 

 

ユニバーサルクリップボード

▲Macからも無事に貼り付けられた。

ユニバーサルクリップボードが使えない?利用条件

上述したように、ユニバーサルクリップボード機能を利用するためには iPhoneを「iOS 10」以上に、そしてMacを「macOS Sierra」以上にアップデートしなければならないが、それに加えて下記の3つの条件も満たす必要がある。

ユニバーサルクリップボード機能がうまく動作しない方は確認していただきたい。

Macのモデルが以下の条件を満たしているか。

・iMac ▶︎ 2012以降
・Mac mini ▶︎ 2012以降
・MacBook Air ▶︎ 2012以降
・MacBook Pro ▶︎ 2012以降
・Mac Pro ▶︎ Late2013
・MacBook ▶︎ Early2015以降

iPhoneとMacの双方でBluetoothがオンになっているか。

・iPhone:「設定」>「Bluetooth」から“Bluetoothをオン”にする。
・Mac:「システム環境設定」>「Bluetooth」>「Bluetoothを入にする」

iPhoneとMacの双方でHand-off(ハンドオフ)がオンになっているか。

・iPhone:「設定」>「一般」>「Handoff」から“Handoffをオン”にする。
・Mac:「システム環境設定」>「一般」>「このMacとiCloudデバイス間でのHandoffを許可」にチェックを入れる。

 

記事執筆者つっつん
つっつん
ユニバーサルクリップボードやAirDropなど、Apple製品の互換性は控えめに言って最高です!