iPhoneとMacのコピペ連携機能「ユニバーサルクリップボード」の使い方と利用条件

iPhoneを「iOS 10」に、そしてMacを「macOS Sierra」以上にアップデートしている人はユニバーサルクリップボードという機能が使えるようになっている。

ユニバーサルクリップボードとは、iPhoneとMac間でテキストや画像のコピペを連動できる機能である。(iPadも可能)

iPhoneとMacのコピペを連携できる「ユニバーサルクリップボード」の使い方

試しに iPhoneのメモアプリとMacのPagesでコピペしてみた。

ユニバーサルクリップボード

▲iPhoneのメモアプリから文章をコピー。

 

 

ユニバーサルクリップボード

▲そしてMacのPagesアプリにペースト。

 

 

ユニバーサルクリップボード

▲きちんとコピペされた!

 

 

ユニバーサルクリップボード

▲逆にMacから iPhoneにコピペする場合も要領は同じ。

まずはMacでテキストをコピーして…

 

 

ユニバーサルクリップボード

▲iPhoneに貼り付けるだけである。

 

 

ユニバーサルクリップボード

▲Macからも無事に貼り付けられた!超便利!

機能が使えない?「ユニバーサルクリップボード」を利用する条件

冒頭で述べたように、ユニバーサルクリップボード機能を利用するためには iPhoneを「iOS 10」に、そしてMacを「macOS Sierra」以上にアップデートしなければならないが、それに加えて下記の3つの条件も満たす必要がある。

ユニバーサルクリップボード機能がうまく動作しない人は確認してほしい。

Macのモデルが以下の条件を満たしているか。

・iMac ▶︎ 2012以降
・Mac mini ▶︎ 2012以降
・MacBook Air ▶︎ 2012以降
・MacBook Pro ▶︎ 2012以降
・Mac Pro ▶︎ Late2013
・MacBook ▶︎ Early2015以降

iPhoneとMacの双方でBluetoothがオンになっているか。

iPhone:「設定」>「Bluetooth」から“Bluetoothをオン”にする。
Mac:「システム環境設定」>「Bluetooth」>「Bluetoothを入にする」

iPhoneとMacの双方でHand-off(ハンドオフ)がオンになっているか。

iPhone:「設定」>「一般」>「Handoff」から“Handoffをオン”にする。
Mac:「システム環境設定」>「一般」>「このMacとiCloudデバイス間でのHandoffを許可」にチェックを入れる。

 

つっつん
テキストは今までアプリを介してコピペしてたんですが、直通になってすごく便利になりましたね。それとは別にiPhoneのカメラロールに入っている写真はAirDropで一瞬でMacに送信できるし、最高っす!
広告