Macの画面下アプリ一覧(Dock)がサブディスプレイに移動するのを防ぐ設定方法

記事内に商品プロモーションを含む場合があります


Macをサブディスプレイにつなげて複数の画面を併用してる方は少なくないと思います。

その際、画面下のアプリ一覧(以下、Dock)が意図せずサブディスプレイに移動してストレスを感じた経験はありませんか?

本記事ではDockをメインディスプレイに固定する設定方法ご紹介します。

MacのDockをメインディスプレイに固定する方法

▲まずは [システム環境設定] > [Mission Control] の順にクリックします。

 

ミッションコントロール

▲続いて、[ディスプレイごとに個別の操作スペース] のチェックを外します

あとはMacを再起動すればOKです。

この設定のデメリット

上記の設定をすることでDockがサブディスプレイに移動することはなくなりますが、下記のようなデメリットも生じてきます。

デメリットを許容できる方はお試しください。

  • サブディスプレイのデスクトップ画像設定がリセットされる(要再設定)
  • サブディスプレイの画面上メニューバーが非表示となる(メインディスプレイのメニューバーで操作可能)
  • メインディスプレイをフルスクリーンにするとサブディスプレイがブラックアウトする(逆も然り、サブディスプレイをフルスクリーンにするとメインディスプレイが暗転して使えない)

なお、その他デメリットや他の方法をご存知の方は下のコメント欄でご教示いただけると幸いです。

 

【おすすめ記事】
Dockのアプリがはてなマークになってしまったときの対処法

Macで今開いている全てのタブを瞬時にDockにしまう設定方法