MacのデリートキーとWindowsのバックスペースキーの違い

記事内に商品プロモーションを含む場合があります


WindowsPCからMacに乗り換えるとキーボードに「backspace(バックスペース)」キーがないことに気がつくと思います。

Windowsではテキストを削除するために「delete(デリート)」と「backspace」の2つのキーを使いますが、Macには「delete」キーしかありません

この違いはWindowsユーザーがMacに乗り換えたときに戸惑う部分だと思います。

そこで本記事ではWindowsの「delete」「backspace」キーとMacの「delete」キーの違いについて解説します。

Macの「delete」キーはカーソルの手前のテキストを削除する

Windowsの「delete」キーはカーソルの後ろのテキストを削除するのに対し、Macの「delete」キーはカーソルの手前のテキストを削除します。

Windowsでカーソルの手前を削除したいときは「backspace」キーを使うので、つまりMacの「delete」キーはWindowsの「backspace」キーと同じ役割ということになります。

 

記事執筆者つっつん
管理人
つっつん
名前は同じdeleteでもWindowsとMacではテキストを削除する方向が違う点に注意が必要です

Macでもカーソルの後ろのテキストを削除することはできる

Macにはカーソルの手前のテキストを削除する「delete」キーしかありませんが、それは「delete」キーを単体で押したときの効果です。

実はMacの「delete」キーは「fn」キーを押しながら使うことでカーソルの後ろのテキストを削除することができます

つまり、Windowsの「delete」キーと同じ機能も使えるというわけですね。

削除方向の違いを図で整理してみます。

【図】Windowsの「backspace」「delete」とMacの「delete」のテキスト削除方向の違い

Windowsの「delete」「backspace」とMacの「delete」のテキスト削除方向の違い

この図はWindowsの「backspace」「delete」キーとMacの「delete」「delete+fn」キーのテキストの削除方向の違いを表しています。

何度も言うようですが、とにかく重要なのは、Macでは「delete」キーを単体で押すとカーソルの手前のテキストが削除され、「fn」キーを押しながら使えばカーソルの後ろのテキストが削除されるということです。

同じ「delete」キーでもWindowsとMacでは削除方向が違うことに気をつけてください。

 

記事執筆者つっつん
ちなみに筆者はMacの「fn」キーは使わずに「delete」キー一択派です。
Windowsの「delete」に慣れているMac初心者の方は最初は違和感があるかと思いますが、次第に慣れてくるので頑張ってください!

 

最新情報をチェックしよう!