スポンサーリンク

超初心者Macユーザーのためのキーボード操作方法および設定

今回のエントリーはキーボード操作の方法についてです。

前回の記事ではタッチパッドのことについてご紹介しましたが、やはりキーボード操作もWindowsからMacに乗り換えた人には分かりづらい点がいくつかありますので覚えておきましょう。  

スポンサーリンク

commandキー

commandキーはWindowsでいうところのコントロールキーにあたります。

Macのキーボードにはcontrolキーもあるため、初心者はこれをWindowsでのCtrlキーと混同しがちです。気をつけましょう。

また、以下の基本的な機能ぐらいは覚えて作業の効率化を図りたいですね。

  • command+C コピー
  • command+V ペースト
  • command+Y 1つ前に進む
  • command+Z 1つ戻る
  • command+A 全体を選択

 

バックスペースキーがない

Windowsではデリートキーの近くにバックスペースキーがありましたが、Macにはありません。

MacではデリートキーがWindowsでいうバックスペースキーにあたります。

それではWindowsでいうデリートはMacではどうなるのか。

それは、「fnキー+デリートキー」で対応できます。

これはそうそう使い分ける人はいないんじゃないでしょうか?

でも念のため覚えておきましょう。  

カタカナ変換

WindowsではF7キーでカタカナ変換をしていましたが、Macでは音楽再生などの機能が割り当てられています。

これは、fn+F7キーで解消されます。

fnキーの配置場所からみても、カタカナ変換はなんだかWindowsよりも面倒ですね。

簡単なキー設定方法もあるようですので、また別の記事でご紹介できればと思います。

※追記:F1、F2 などのキーの設定を変更しておくと時間短縮で便利

スポンサーリンク