【Mac初心者ユーザー向け】WindowsからMacに乗り換えたら最初に確認しておきたいキーボード操作3つ

今回のエントリーではMacの基礎的なキーボード操作についてご紹介します。

前回の記事(Windowsユーザーだった僕がMacに乗り換えてはじめに困ったことはタッチパッド)ではタッチパッドのことについてご紹介しましたが、やはりキーボード操作もWindowsからMacに乗り換えた人には分かりづらい点がいくつかありますのでしっかり覚えておきましょう。  

①commandキー

まずはcommandキーについて。

MacのcommandキーはWindowsでいうところのCtrlキーにあたります。

Macのキーボードにはcontrolキーもあるため、Mac初心者ユーザーはWindowsのCtrlキーと混同してしまいます。MacのcontrolキーでWindowsのようなショートカットキー操作を入力しても同じ機能にはならないので気をつけましょう。

また、commandキーを使ったショートカットキーについては以下の基本的な機能を覚えておけば問題ないかと思います。

  • command+C コピー
  • command+V ペースト
  • command+Y 1つ前に進む
  • command+Z 1つ戻る
  • command+A 全体を選択

②バックスペースキーがない

続いてバックスペースキーについて。

Windowsではデリートキーの近くにバックスペースキーがありますが、Macにはありません。

MacではデリートキーがWindowsでいうバックスペースキーにあたります。

それならWindowsでいうデリートはMacではどうなるのでしょうか。それは「fnキー+デリート」キーで対応できます。

とはいえ、そうそう2つを使い分ける人はいないんじゃないでしょうか。僕はMacに乗り換えてからデリートキー一択になりました。

③F7キーを使ったカタカナ変換

最後は「F7」キーについて。

WindowsではF7キーでカタカナ変換をしている人が多いと思いますが、MacのF7キーには別の機能が割り当てられています。

そのため、MacでF7キーを使ってカタカナ変換したいときは「fn+F7」キーを押さなくてはなりません。カタカナ変換はなんだかWindowsよりも面倒ですね。

これについてはF7キーをWindowsと同じように使う簡単なキー設定方法がありますのでよければ以下の記事を参考に設定を変更してみてください。

関連F1、F2 などのキーの設定を変更しておくと時間短縮で便利

 

以上、「WindowsからMacに乗り換えたら最初に確認しておきたいキーボード操作3つ」でした。

広告