ウインドウズ→Mac乗り換え Macはdeleteキーだけ?バックスペースはどこ?

WindowsPCからMacに乗り換えると「backspace(バックスペース)」キーがないことに気がつくと思います。

Windowsにはテキストを削除するためのキーとして「delete(デリート)」と「backspace」がありますが、Macには「delete」キーしかありません

この違いはWindowsユーザーがMacに乗り換えたときに戸惑う部分だと思います。

そこで本記事ではWindowsの「delete」「backspace」キーとMacの「delete」キーの違いと使い方について解説します。

MacにはWindowsのbackspaceキーがない

はじめに理解しておく必要があるのは、Windowsの「delete」キーはカーソルの1つ後ろを削除するのに対し、Macの「delete」キーはカーソルの1つ手前を削除するということです。

つまり、Macの「delete」キーはWindowsの「backspace」キーと同じ役割となります。

記事執筆者つっつん
管理人
つっつん
名前は同じdeleteでも削除する方向が違う点に注意が必要です

次に理解しなければならないことは、MacでWindowsの「delete」キーのようにカーソルの1つ後ろを削除するためには「fn」キーを使う必要があることです。

具体的には【fn(を押したまま)】→【delete】と入力することでカーソルの1つ後ろを削除することができます。

ちょっと分かりにくいので図で整理してみます。

Macの「delete」キーはカーソルの1つ手前を削除

この図のとおり、Macの「delete」キーはWindowsの「delete」キーとは違う点に注意しましょう。

ちなみに筆者はMacに乗り換えてからテキストの削除は「delete」キー一択になりました。なので「fn」キーは使っていません。(「fn」と「delete」は親指と中指で押しやすい配置ではあるんですけどね…)

Windowsの「delete」に慣れている方は最初は違和感があるかと思いますが、次第に慣れてくるので頑張ってください。