Macで「ぁ」や「っ」などの小さい文字を打つ2つの方法


本日はMacで「ぁ」や「っ」などの小さい文字を打つ方法をご紹介します。

Windows PCを使っていたときは「L」+「A」、「L」+「TU」などと入力すればよかったのですが、Macでは方法が異なります。

やり方は2つありますので以下の【方法1】【方法2】をご参考にどうぞ!

方法1

1つめの方法として、「L」ではなく「X」を使う方法があります。

つまり、「X」+「A」「X」+「TU」と入力すれば「ぁ」や「っ」と表示されます。

方法2

2つめは、Macの日本語入力エンジン『ことえり』を使用している場合に設定自体をWindows風に変えてしまう方法です。

以下の通りに設定します。

追記】「ことえり」はOS X Yosemite で終了していますが、以下の手順に変更はありません。

 

 

スクリーンショット 2014-08-02 16.29.12

▲まず、画面上のメニューバー右側にある入力ソース(赤枠で示している部分)をクリックしてください。

 

 

スクリーンショット 2014-08-02 16.26.55

▲次に、一番下の「ことえり環境設定を開く」をクリックします。

 

 

スクリーンショット 2014-08-02 16.30.12

▲最後に「入力ソース」セクション内にある「Windows風のキー操作」のところにチェックを入れます。

すると、Windows PCのように「ぁ」や「っ」などの小さい文字が「L」+「A」、「L」+「TU」で入力できるようになります。

管理人の一言

いかがでしたか?

僕はまだまだ仕事でWindowsPCも併用して使っていますので、ややこしくならないように『方法2』を設定しています。

もうMacしか使わないという人は「X」に慣れてしまってもいいと思います。

(「Windows風のキー操作」に設定を変えても「X」キーを使った入力は可能です)