「ぁ」や「っ」などの小さい文字を打つ方法(Windows/Mac/スマホ)

Sponsored Links

記事内に商品プロモーションを含む場合があります


本記事ではMac、Windowsパソコン、およびスマートフォンで「ぁ」や「っ」などの小さい文字を打つ方法をご紹介します。

Sponsored Links

Windowsでの小さい文字の打ち方(ローマ字入力時)

Windowsパソコンでは「L」➡︎「A」キーを順番に入力するとが表示され、

「L」➡︎「T」➡︎「U」キーを順番に入力するとが表示されます。

「あいうえお」の場合は以下のようになります。

  • 「L」➡︎「A」キーを順番に入力すると「ぁ」
  • 「L」➡︎「 I 」キーを順番に入力すると「ぃ」
  • 「L」➡︎「U」キーを順番に入力すると「ぅ」
  • 「L」➡︎「E」キーを順番に入力すると「ぇ」
  • 「L」➡︎「O」キーを順番に入力すると「ぉ」

 

記事執筆者つっつん
管理人
つっつん
最初に「L」キーを押すことで小文字になります!リトルの「L」と覚えておきましょう!
「L」ではなく「X」キーでもOKです。例えば「X」➡︎「A」キーを順番に入力すると「ぁ」と表示されます。

 

Sponsored Links

Windowsでの小さい文字の打ち方(かな入力時)

かな入力時は「Shift」キーを同時に押すことで小さい文字を打つことができます。

たとえば、「Shift」「あ」キーを入力するとが表示され、「Shift」「つ」キーを入力するとが表示されます。

 

Macでの小さい文字の打ち方

MacでもWindowsと同じく「L」キーまたは「X」キーを使って小さい文字を打つことができます。

  • L」(またはX)➡︎「A」キーを順番に入力することで「」、「L」(またはX)➡︎「T」➡︎「U」キーを順番に入力することで「」と表示されます

ただし、Macの場合は「X」キーを使う方法が標準機能となっているため、「L」キーを使いたい場合は設定を変更する必要があります

 

記事執筆者つっつん
つっつん
WindowsからMacに乗り換えた方で「L」に慣れている方は設定を変更しておいたほうが良いかもしれません

Macでも「L」で小さい文字を打てるようにする設定

Macでも「L」キーを使って小さい文字を打てるようにするには日本語入力エンジン『ことえり』の設定でキーボードをWindows風に変更する必要があります。

設定は以下の通りです。

【追記】「ことえり」はOS X Yosemite で終了していますが手順に変更はありません。

 

スクリーンショット 2014-08-02 16.29.12

▲まずは、画面上のメニューバー右側にある入力ソース(赤枠で示している部分)をクリックしてください。

 

 

スクリーンショット 2014-08-02 16.26.55

▲次に、一番下の「ことえり環境設定を開く」「日本語環境設定を開く」をクリックします。

ここまでの操作は「システム環境設定」>「言語と地域」>「キーボード環境設定」の順でも同じところまで進めます。

 

スクリーンショット 2014-08-02 16.30.12

▲最後に「入力ソース」セクション内にある「Windows風のキー操作」のところにチェックを入れます。

そうすることで、Windowsのように「L」➡︎「A」キーでが表示され、「L」➡︎「T」➡︎「U」キーでが表示されるようになります。

ちなみに「Windows風のキー操作」に設定を変えたとしても引き続き「X」キーを使った入力は可能です。

 

Sponsored Links

スマートフォンで小さい文字を打つ方法

スマートフォンで小さい「っ」を打つには、まず「」をタップしたままの状態で上になぞって「つ」と表示させ指を離します。(「た」を3回タップしてもOKです)

そのまま「」というボタンをタップすることで小さい「っ」と表示させることができます

他の文字もやり方は同じです。「ぁ」を打つには先に「あ」と表示させて「小」を押します。「ょ」であれば先に「よ」と表示させて「小」を押しましょう。

 

記事執筆者つっつん
つっつん
「た」をタップしたままの状態で上になぞって「つ」と表示させる入力方法は「フリック入力」といいます。練習は必要ですが、慣れると入力速度が上がるので使ったことがない方はお試しください。

 

▽おすすめの本▽

100%ムックシリーズ Mac for Beginners 2022 (100%ムックシリーズ)

100%ムックシリーズ Mac for Beginners 2022 (100%ムックシリーズ)

1,320円(07/20 09:09時点)
発売日: 2022/01/26
Amazonの情報を掲載しています

あわせて読みたいMac系の記事

「Macの使い方・小技」に関連する記事一覧ページはこちら