Windows→MacBookに乗り換える前にトラックパッドの使い方を確認しておこう

本記事ではWindowsPCからMacBookに乗り換える方が事前に確認しておくべき「トラックパッド」の使い方についてご紹介します。

MacBookでマウスを使う予定のない方は必見の内容なので参考にしてください。

MacBookのトラックパッドでクリックする方法

まずはトラックパッドのクリック操作のやり方から解説します。

MacBookのトラックパッドを使ったクリックはトラックパッド自体をカチッと押し込まなければなりません

指1本で押し込んで離せば左クリックしたことになります。そして指2本で押し込んだ場合は右クリックの扱いになります。

 

記事執筆者つっつん
管理人
つっつん
WindowsのノートPCではタッチパッドをポンッと軽くタップするだけでクリック扱いになるのでクリックするつもりがないところでも手が当たって誤クリックになりやすかったんですよね。
その点MacBookのように押し込むやり方だと誤クリックになることはほぼありませんよね

MacBookのトラックパッドで画面スクロールする方法

僕が以前使っていたWindowsのノートPCはタッチパッドの右側を上下に動かさなければ画面スクロールできませんでしたが、MacBookは指2本でトラックパッドに軽く触れたまま上下に動かすことで画面スクロールできます。しかもトラックパッドのどこを触ってもOKです。

追記:最近のWindowsノートPCは2本指でスクロールできるようになっています

ちなみに指1本ではマウスカーソルが動きます。画面をスクロールするためには必ず指が2本必要なので自分の意図しないところで画面スクロールしてしまう心配がありません。

 

記事執筆者つっつん
つっつん
タッチパッドの操作性はMacBookの圧勝ですね

MacBookのトラックパッドでテキストをコピペする方法

トラックパッドでテキストをコピペするためには下記の基本操作が必要です。

・トラックパッドを指1本でクリック(押し込む)したまま指をスライドさせ、指を離することでテキストを選択できる
・トラックパッドを2本で1回クリックする→右クリックとなる
・トラックパッドを指1本で1回クリックする→左クリックとなる
上記の操作でコピーしたいテキストを選択したら左クリックで「コピー」を選び、ペーストしたい位置で右クリックし「貼り付け」を選べばコピペできます
【追記】コピペについてもう少し詳しく書いてみました!→Macbookでコピペする3つの方法とiPhoneとコピペを連動させる方法

MacBookのトラックパッドで画面の拡大と縮小をする方法

WindowsのノートPCではタッチパッドで画面の拡大や縮小ができませんでしたが、Macでは簡単にできます。

追記:最近のWindowsノートPCは拡大や縮小ができるようになっています

やり方は、タッチパッドの上に置いた2本の指をピンチアウト(グーッと広げて拡大)、またはピンチイン(距離を近づけて縮小)するだけです。

スマホの画面を大きくしたり小さくしたりするときと同じですね。

MacBookのトラックパッドは指を3本使える機能も

なんとMacBookのトラックパッドには指を3本使える機能もあります。(3本指を認識する技術ってすごいですよね!)

たとえば、指を3本添えたまま左にスワイプすればダッシュボードへの移動。そのまま右に動かせばデスクトップに戻ります。

さらに上下のスワイプでもダッシュボードとデスクトップを行き来することができます。2019年11月追記:macOS Catalinaからダッシュボード機能は廃止されました)

また、こちらは設定が必要ですが、3本指でテキストを範囲選択することもできます

3本指によるテキストの範囲選択はけっこう便利なので下記リンク先を参考に設定することをおすすめします。

ひとこと

MacBookのトラックパッドはうまく使いこなせばかなり生産性が上がります。

Windowsから乗り換える方は以下の記事も参考にどうぞ!