スポンサーリンク

Windowsユーザーだった僕がMacに乗り換えてはじめに困ったことはタッチパッド

はじめまして。

この度、PCをWindowsからMac(MacBook Pro)に変更しましたので、困ったことや覚えておきたいことなど、初歩的なことも含めて備忘録としてマイペースに綴っていきたいと思います。

僕と同じようにMacに乗り換えた人や、これからPCを初めて購入しようという初心者の人に分かりやすく内容をご紹介できればと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。  

スポンサーリンク

クリック

超初歩的なことですが、これが分からないと先に進めない。

というか初期設定すらできません。

なのでwindowsとの違いに触れながら説明しておきます。

まず、僕のWindowsでは、タッチパッドをポンッとタッチするとクリックになっていました。

それが、Macではタッチパッド自体をカチッと押すようになっています。

Windowsではクリックするつもりがないところでよく誤クリックしていたんですが、今後は誤クリックがなくなりそうです。  

画面スクロール

Windowsではタッチパッドの右側を上下に動かすと画面スクロールになっていましたが、Macではタッチパッドに指を2本触れたまま上下に動かすと画面スクロールすることができます。

これからは自分の意図しないところでの画面スクロールをせずに済みそうです。  

画面の拡大と縮小

Windowsではタッチパッドで画面の拡大や縮小は(たぶん)できなかったような気がしますが、もちろんMacでは簡単にできちゃいます。

方法は、画面スクロールのようにタッチパッドの上置いた2本の指をピンチ(グーッと広げると拡大。縮めると縮小)するだけです。スマホと同じですね。  

指3本使える機能

なんとMacには指を3本使える機能もあります。どんだけ賢いんだ!

内容は、指を3本添えたまま左にスワイプすればダッシュボードへの移動。

そのまま右に動かせばデスクトップに戻ります。

上下のスワイプでも、ダッシュボードとデスクトップを行き来することができます。

いかがでしょうか?

うまく使いこなせばかなり生産性が上がりそうです。

次回からも初歩的なこともどんどん書いていきますのでよろしくお願いします♩

追記:Mac超初心者注目!WindowsユーザーがMacに乗り換えたときに迷ってしまう5つの相違点

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク