スポンサーリンク

Mac超初心者注目!WindowsユーザーがMacに乗り換えたときに迷ってしまう5つの相違点

どーもです!

今回は、WindowsユーザーがMacに乗り換えたときに迷ってしまう相違点をまとめてみます。

思えば、このブログがスタートしたキッカケは、長年WindowsユーザーだったぼくがMacを購入して、使い方を備忘録として残しておこうと考えたことでした。

それからMacに関する記事は日に日に増えてきましたが、今回は少し初心に戻ってみようと思います。

 

スポンサーリンク

Macに乗り換えたときに迷ってしまう相違点5つ

「シャットダウン」と『システム終了』

Windowsではスタートメニューから「シャットダウン」を行っていましたが、Macではメニューバー(画面上)にあるリンゴマークから『システム終了』を選択します。

ちなみに、「controlキー」+「電源キー」でシステムを終了させることもできます。

 

「マイコンピュータ」と『Finder』

Windowsでは「マイコンピュータ」からファイルやフォルダの操作を行ってましたが、MacではDockにある『Finder』を使います

Dockとは、画面下、あるいは横に並んだアイコンのバーのことです。

 

トラックパッド(タッチパッド)の操作

これに関しては、このブログではじめて投稿した記事が役に立ちますのでご覧ください。初々しい記事です。(笑)

Windowsユーザーだった僕がMacに乗り換えてはじめに困ったことはタッチパッド

 

「Ctrlキー」と『command(⌘)キー』

コピペなどをショートカットキーで行う場合、Macにあるcontrolキーを使ってもダメです。

Windowsの「Ctrl」は、Macでは『command(⌘)』にあたります。

  • command+C コピー
  • command+V ペースト
  • command+Y 1つ前に進む
  • command+Z 1つ戻る
  • command+A 全体を選択

 

F7キーを使うカタカナ変換

Windowsでカタカナ変換を行う際に、「F7キー」を使っていたひとは多いのではないでしょうか?

この点、Macの「F7」には音楽再生機能が割り当てられていますので、Macでは『fn』+『F7』を押す必要があります

しかし毎回『fn』を押すのは非効率ですので、これまた過去の記事を参考に、よければ設定しなおしてみてください。

F1、F2 などのキーの設定を変更しておくと時間短縮で便利

 

管理人のひとこと

まず最低限おさえておきたいポイントを5つ挙げてみましたが、いかがでしょうか?

WindowsからMacに乗り換えをするひとは、参考にしてください。

ではまた!

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク