Macで起動中のアプリケーションを瞬時に終了させる方法

今回はMacで起動中のアプリケーションを瞬時に終了する方法をご紹介します。

起動中のアプリケーションは下記のように画面上部のメニューバーや画面下のDockから終了することができますが、これらのやり方にはデメリットがあります。

・画面上部のメニューバーからアプリケーション名をクリックして「○○を終了」をクリックする方法
  • デメリット①:マウスでカーソルをメニューバーのアプリ名まで移動させる必要がある
  • デメリット②:終了したいアプリを一旦画面に表示させる必要がある
  • デメリット③:2クリックが必要
・Dockからアプリアイコンを右クリックで「終了」を選択する方法
  • デメリット①:マウスでカーソルをDockのアプリアイコンまで移動させる必要がある
  • デメリット②:2クリックが必要

これらの方法よりもショートカットキーを使って終了する方が効率的なのでぜひマスターしてください。

記事執筆者つっつん
管理人
つっつん
下記の方法に慣れることをおすすめします!

ショートカットキーを使えば左手だけで素早く簡単に終了

▲使うキーは「command」「tab」「Q」の3つです。

まず「command(⌘)」+「tab」を押すと現在起動中のアプリケーションが表示されます

「command(⌘)」キーは押したまま「tab」キーを何度か押したり離したりして消去したいアプリケーションに表示を合わせます

あとは「Q」を押せば合わせたアプリケーションが終了します。(このときも「command(⌘)」キーは押しっぱなしで)

全部消去したい場合、「Q」を押したままにしておけばいっきに消えます。(Finderは消えないのでそこで引っかかりますが…)

ちなみに筆者はこの機能を左手だけで使っています。

commandキーは右手の親指側にもあるため、両手を使うことになってしまいますがそちらでも良いと思います。

管理者のひとこと

起動中のアプリを一気に消去してくれるアプリも存在するようですが、正直こんなに簡単な方法がデフォルト機能としてあるのでわざわざアプリをインストールする必要はないかと思います。

【関連記事】
Macを最速でかっこよくシステム終了させるテク!
WindowsユーザーがMacに乗り換えたときに迷ってしまう5つの違い
WindowsからMacに乗り換えたらスクリーンショットの撮り方の確認をしておこう
Macでスクリーンショットをトリミングする方法
Macの基本ショートカットキーまとめ!よく使う操作を今一度再確認
iPhoneとMacのコピペ連携機能「ユニバーサルクリップボード」の使い方と利用条件
MacのF1、F2 などのキーは設定を変更しておくと時間短縮で便利

Macの使い方・小技に関する記事一覧