iPhoneの写真をMacに保存(取り込み)する方法


今回はiPhone内にある写真データをMacに取り込む方法をご紹介します。

やり方は何通りかありますが、この記事では「iPhoto」アプリを使う方法を解説したいと思います。

iPhotoで取り込み

追記】iPhotoは廃止されました。お手数ですが新しい方法は記事後方の「Macの「写真」アプリで取り込む方法」をご覧ください。

まずはiPhoneとMacを接続ケーブルで接続します。

続いて、Macの「iPhoto」アプリを起動させます。

▲するとこのように iPhone内にある写真データの一覧が表示されます。

取り込みたい写真データが複数の場合は「command(⌘)」キーを押したままそれぞれ選択します。

選択し終わったら『選択した写真を読み込む』をクリックすればOK。

特定の写真を選択せずに全部取り込む場合は画面右上の『○○枚の写真を読み込む』をクリックしてください。

 

▲なお、読み込んだiPhone内の写真データはそのままiPhoneに残すかiPhoneから削除するかを選択することができます。

【追記】「iPhoto」が廃止になりました。新しいMacの「写真」アプリで取り込む方法

「iPhoto」が廃止されたため、Macの「写真」アプリでiPhone内の写真を取り込む方法を解説します。

▲まずはiPhoneとMacを接続ケーブルで接続し、Macの「写真」アプリを起動させます。

 

「iPhone」という箇所をクリックすると、iPhone内に保存してある写真データ一覧が表示されます。

全ての写真をMacに取り込む場合は「すべての新しい項目を読み込む」をクリックします。

選択した写真だけを取り込みたい場合は、それらの写真を選択して「◯個の選択項目を読み込む」をクリックします。

読み込んだ後にiPhone内の写真データをそのまま削除したい場合は、読み込む前に予め「読み込み後に項目を削除」にチェックを入れておきましょう。

管理人の一言

大切な思い出の写真がiPhoneの紛失や故障で消えてしまった…なんてことになる前に、Macにも保存しておくことをお勧めします。

知っておきたいiPhoneとMacの豆知識

OS X YosemiteにアップグレードしてはじめてAirDropを使ってMacとiPhoneのデータを共有させてみた

iPhoneとMacのコピペ連携機能「ユニバーサルクリップボード」の使い方と利用条件

Macのトラックパッドによる文字の範囲選択は3本指がおすすめ ‐ ドラッグ操作の設定変更方法

意外と知られてない?Macのスペースキーの便利な使い方【小技】

Macに入っているiTunesの音楽をiPhoneでいつでも聴く方法

【Tips】アプリ使用時にiPhoneの電源/音量ボタンを無効化する方法

iPhoneで撮った動画(ビデオ)や写真をトリミング(切り取り)する方法

iPhoneのコントロールパネルにある緑色の電波みたいなマークの意味は?

 

iPhoneの使い方・小技に関する記事一覧

「Macの使い方・小技」に関連する記事一覧ページはこちら