スポンサーリンク

【OS X El Capitan】超便利な4つの新機能!特に「Split View」が最高です

「OS X El Capitan」が10月1日にリリースされていますが、Macユーザーの皆さんはもうインストールしましたか?

まだの人はメニューバーのりんごマークから「このMacについて」>「ソフトウェアアップデート」と進んでインストールしてみてください。色々な新機能が追加されてますよ。(インストールは結構時間がかかるので時間に余裕があるときにやった方がいいです)

それでは、僕的に便利だと思った新機能を幾つかご紹介しておきます。

スポンサーリンク

【Split View】画面が分割されて作業がスムーズに

スクリーンショット 2015-10-04 13.51.51
▲画像にもあるように、緑色のフルスクリーンモードボタンを長押しすると画面が左右に分割します。

この時点で、左側には今見ていた画面が、そして右側には残りの開いているアプリが表示されますので、右側に表示させたいアプリを選択すれば左右2画面表示に切り替わります。

というかこの機能、ブログを書く上では非常に重宝しそうです。今だって左側の画面で別のサイトを閲覧しながら右側の画面で記事を書いてます。今までのようにスクリーンやタブの切り替えをする手間が省けて最高です。画面が大きめのMacBook Pro Retina13インチを使っててほんとよかったです。(両画面の境界線はずらして大きさを変えることができます)

3本指で上にスワイプ

スクリーンショット 2015-10-04 14.11.18
▲3本指で上にスワイプすれば、開いているウインドウを全て確認することができます。勿論デスクトップの切り替えも可能で超便利。

また、画面を分割して使っている時はフルスクリーンモードになっているため、両画面にはないアプリを開く場合にも使えると思います。

この点ではフルスクリーンモード中でもマウスコントローラーを画面の一番下に運べばDockを表示させることはできますが、すでに開いているアプリの切り替えなら3本指で上にスワイプさせた方が断然早いですね。というかこの方法でDockも表示されます。

ライブ変換機能

この機能は、日本語入力時にわざわざスペースキーで漢字やカタカナ変換をしなくても、ひらがなを入力した瞬間に自動で変換してくれる機能です。

僕はまだ使い慣れなくてついついスペースキーを押してしまいますが、慣れれば流れるように文章を書くことができるし、作業時間短縮につながると思います。

とはいえ、この機能には賛否両論ありそうなので一応解除方法も書いておきます。

ライブ変換の解除方法

「システム環境設定」>「キーボード」>「入力ソース」と進み、『ライブ変換』のチェックを外せばOKです。

もしくは、メニューバーにあるIMEのアイコンから『ライブ変換』のチェックを外しても解除できます。こっちの方が簡単ですね。

新しい日本語フォント

「クレー」「筑紫A丸ゴシック」「筑紫B丸ゴシック」「游明朝体+36ポかな」の4フォントが新たに追加されました。

ちなみに、上のアイキャッチ画像のフォントは「筑紫B丸ゴシック」を使用してます。

管理人のひとこと

いかがでしょうか。

Safariにも色々機能が追加されてますが、僕はChrome派なので今回は見送らせていただきました。

それから、メモアプリや写真アプリ、メール機能を始め、他にも様々な細かい新機能が追加されていますよ。

早く使い慣れてさらなる作業効率化を図っていきましょう。

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク