WindowsからMacに乗り換えたらスクリーンショットの撮り方の確認をしておこう


WindowsからMacに乗り換えたら操作方法の違いで困ることがあると思います。

今回はそのうちのひとつである「スクリーンショットの撮り方」をご説明します。

僕はあまり使ってませんでしたが、Windowsで「PrtScrキー」を使って全画面のスクショを撮っていた人はMacに「PrtScrキー」がなくて困るのではないかと思います。

というわけで、以下では3パターンほどスクショを撮る方法をご紹介します。ぜひ覚えて帰ってください。

スクショの範囲を指定して撮る

「command+Shift+4」

このショートカットキーでは撮影範囲を指定してスクショを保存できます。

個人的にこれはかなり使います。

ウインドウ画面全体を指定して撮る

「command+Shift+4+スペースキー」

このショートカットキーではカメラマークのマウスポインターが現れます。左クリックすればそのポインターが置かれた青い範囲のスクショが保存できます。

これも割と使う機能です。

全画面スクショ

「command+Shift+3」

このショートカットキーではWindowsの「PrtScrキー」のように全画面のスクショが保存できます。

ただ、この方法だとメニューバーやDockまで写るので僕はそれほど使いません。(簡単にメニューバーなどが写らなくする小技はあります)

なのでとりあえずは上の2つの方法を覚えておけば良いかと思います。

【追記】スクショで画面を動画撮影(ビデオ録画)する方法

macOS Mojave から「ビデオ録画機能」が追加されました。

「shift + command + 5」キーを押すことで “オンスクリーンコントロール” というスクリーンショット用のツールバーが表示され、そこからビデオ録画をすることができます。

詳しくは「Macのスクショで画面を動画撮影(ビデオ録画)する方法」という記事をご覧ください。