Macで写真をトリミング(切り取り)する方法


最近PCをWindowsからMacに乗り換えたぼくですが、Windowsとは画像のトリミングの方法が全然違っていたので自分の備忘録も兼ねてご紹介しておきたいと思います。

iPhotoの写真をトリミング

まずはiPhotoから。

追記:「iPhoto」はMacOS X Yosemite 10.10.3アップデートにより廃止され、「写真」アプリに切り替わりました。トリミング時の変更点は赤字で修正しています。キャプチャ画像は古いままですのでご了承ください。

1
iPhoto写真アプリを開いたら編集したい画像を開きます

画面右下右上にある「編集」をクリックします。

 

 

2
右側に編集メニューが現れますので「トリミング」をクリックします。

画面上部に「調整」「フィルタ」「切り取り」の3項目が現れますので「切り取り」をクリックします。

 

 

4
縦横比のチェックボックスにチェックを入れると画面右側に表示される「アスペクト」をクリックして「オリジナル」を選択すると、縦と横の長さの比率が一定のままトリミングすることができます。

きちんと縦横比を維持したまま範囲だけを変えてトリミングしたいときは「オリジナル」にチェックを入れると良いでしょう。

ちなみに「オリジナル」ではなく「スクエア」や「16:9」などにチェックを入れて縦横比を変えることも可能です。

 

 

5
縦横比のチェックボックスからチェックを外すと「オリジナル」ではなく「自由形式」にチェックを入れると縦と横の長さの比率は無視して自由に範囲を選択してトリミングすることができます。

あとは画面右上の「完了」をクリックすればOKです。

iPhoto以外の写真ファイルをプレビューからトリミング

1
目当ての画像をプレビューで表示させたら画面上部の赤枠のマークをクリックします。

 

 

2
▲次に点線の四角マークをクリックします。

 

 

3
▲あとはこのように切り取りたいエリアを選択して「切り取り」をクリックするだけ。

 

 

4
▲上手にトリミングできました♪

 

以上、「Macで写真をトリミング(切り取り)する方法」でした!

おすすめのMac関連書籍