スポンサーリンク

10.MacのKeynoteで表を作成する方法

今回はMacのKeynoteで「表」を作成する方法のご紹介をする。

(この記事は連載10回目の記事なので、Keynoteの超基本操作から学びたい人は1回目の「1.Macプレゼンソフト「Keynote」の超基本!まずは簡単なスライドを1枚作ってみよう」から順にご覧下さい。)

スポンサーリンク

MacのKeynoteで表を作成する方法

スクリーンショット 2016-01-17 20.57.26
▲まずはスライドの上の方にある「表」をクリックする。

すると、豊富な種類のテンプレートが選べる。そこから自分が作ろうしている表に近いテンプレートを選択しよう。

 

スクリーンショット 2016-01-17 20.58.03
▲あとは表の中に項目や数値を入力していく。

 

スクリーンショット 2016-01-17 21.13.53
▲適当に数値を入力してみた。

サッカー選手の名前を入れてみたが、中に入っている数値などに特別な意味はない。

簡単だが、こうやって表に数値や項目を入力するだけで表の完成となる。

 

スクリーンショット 2016-01-17 21.14.54
▲表の枠数を増やすこともできる。このキャプチャ画像にもあるように表の端から選択できる数値を増やすだけだ。

また、背景の色や文字の大きさなど細かい部分は画面右側のメニューから変更することができる。

そのあたりの細かい部分は応用編として別途記事にしたいと思う。

 

スポンサーリンク