スポンサーリンク

超初心者でもMacのKeynoteを使って簡単なバナー画像を作る方法

ブログを運営していると、何かとバナー画像が欲しくなることがあります。

例えば、当ブログの更新情報配信のページにある、各種SNSのバナーとか。

feedly.001

▲こんなやつです!

僕はPhotoshopとかイラレなどの知識が皆無なんですが、それでも文字だけの簡単なバナー画像であれば、Macのプレゼンテーションアプリ「Keynote」を使ってたったの5分で作成できます。

実際に上のバナー画像は、超ド素人の僕が作成したものです。

というわけで今回は、Keynoteでバナー画像を作る方法をいつも僕がやっている手順でご紹介します。

スポンサーリンク

Keynoteで簡単なバナー画像を作成する方法

手順1

1

▲僕はいつも「ホワイト」というテーマから始めます。

Keynoteをスタートさせて、はじめに「ホワイト」を選択したら、まずは上の画像のようにマスターを変更します。(編集エリアが1つだけのもの)

 

手順2

2

▲「編集エリア」にテキストを入力します。

 

手順3

3

▲画面上のメニューから「図形」を選択します。

 

4

▲図形が追加されました。

 

手順4

5

▲これでは文字が隠れている為、図形を右クリック(トラックパッドを指2本で)し、「最背面へ」を選択します。

 

6

▲これで図形がテキストの後ろ側に回りました。

 

手順5

7

▲図形の色を変更します。

図形を選択した状態で、「塗りつぶし」の色を変更します。

この作業は、図形を最背面に移動させる前にやってもOKです。

 

手順6

8

▲図形の形を変更します。

 

手順7

9

▲文字の色を変更します。今回は白にします。

ここで同時にフォントなども適宜変更を加えます。

この作業は、テキストを追加した時点(手順2)で行ってもOKです。

 

10

▲文字の色が白に変わりました。

ここまできたら「ファイル」>「書き出す」>「イメージ」から、デスクトップに保存します。(僕はフォーマットはPNGを選んでいます。)

 

手順8

14

▲デスクトップに保存されたフォルダを開き、中に入っているファイルをプレビューから開きます。

 

手順9

16

▲「スマート投げ縄」を選択して、先ほど作成した画像の周りを囲みます。

 

17

▲うまく囲めたら、画像の周りにきれいな点線が追加されますので「切り取り」をクリックします。

 

18

▲これで完成です。

 

19

▲最後に、必要に応じてサイズも変更できます。

管理人のひとこと

いかがでしょうか?

正直、細かい技術的な部分は、Photoshopとかイラレとかデザイン系の知識が皆無なのでよくわかりませんが、そんな僕でもKeynoteがあればここまで出来ちゃいます。

Macってほんと便利だなぁ〜。

ではまたぁ。

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク