スポンサーリンク

OS X Yosemiteからの新機能、iCloudDriveの使い方

前回の「OS X Yosemiteからの新機能、iCloudDriveの設定方法」に引き続き、今回はiCloudDriveの使い方についてエントリーしたいと思います。  

スポンサーリンク

iPhoneでダウンロードしてほしいアプリ

 

▲まずはiPhoneでこのアプリを取得します。

Documents 5は使いこなせばすごく重宝するアプリです。 どんな使い方ができるかわかりやすくまとめられた記事が「lifehacker」さんにありますのでご覧ください。

万能っぷりが素晴らしいアプリ「Documents 5」でできる10のことーlifehacker  

新しいフォルダを作ってみよう

  スクリーンショット 2014-12-02 8.41.32
▲「Finder」>「iCloudDrive」と開いて右クリックで『新規フォルダ』を作成します。 ここでフォルダの名前を変更しましょう。

 

スクリーンショット 2014-12-02 8.49.34

▲名前を変更したらファイルの中に適当なデータを入れてみます。

 

IMG_1345
▲ここまできたらiPhoneでDocuments 5を開きます。 順序としては、画面下の雲アイコンをタップしてから「iCloudDrive」をタップします。

 

IMG_1346IMG_1347

▲するとあら不思議。 きちんと保存されました。 これでiCloudDriveによるMacとiPhoneのファイル共有は完了です♩  

管理人のひとこと

もちろんiCloudDriveではKeynoteやPages、Numbersなどの共有も可能です。

カッコよく使いこなして仕事の効率をアップさせちゃいましょう!ではまた!

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク