スポンサーリンク

7.初心者でも作れるプレゼン資料!キーノートでスライド追加や再生をする方法

前回までの方法で基本的なスライドを1枚作ることができるようになったと思います。

(この記事は連載7回目の記事なので、Keynoteの超基本操作から学びたい人は1回目の「1.Macプレゼンソフト「Keynote」の超基本!まずは簡単なスライドを1枚作ってみよう」から順にご覧下さいませ。)

それでは、今回は新たなスライドを追加して作成し、2枚のスライドを再生するところまでいきますね。

スポンサーリンク

前回までのスライド

スクリーンショット 2015-12-02 16.27.58▲これが前回までのスライドです。

ここから新たなスライドを追加するためには、左上にある「スライドを追加」をクリックしてください。

スライドを選択する

スクリーンショット 2015-12-16 18.44.06▲複数のスライドのテンプレートが表示されますので、次に作成するスライドに近いデザインのスライドを選択しておきましょう。

ここでは、画像3枚のみのスライドを選択してみます。

2枚目のスライドを作る

スクリーンショット 2015-12-16 18.51.08▲これは先ほど選択したテンプレート。

 

スクリーンショット 2015-12-16 18.54.54▲ぼくはこんな風にアレンジしてみました。

ここは前回までの方法で、お好みのスライドを作成しましょう。

複数のスライドを再生させる

スクリーンショット_2015-12-16_18_54_54▲スライドを再生するには「再生」をクリックします。

 

スクリーンショット 2015-12-16 18.55.55

スクリーンショット 2015-12-16 18.55.48

▲スライドを前に進めるためにはキーボードの「▼」もしくは「▶︎」。

後ろに戻る場合は「▲」もしくは「◀︎」を押してください。

Keynoteではこのようにスライドをその都度再生して、プレゼンテーションの全体の流れを確認しながら作業を進めるといいでしょう。

今回はここまでとなります。

 

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク