スポンサーリンク

6.初心者でも作れるプレゼンテーション資料!Keynoteのスライドに写真や画像を入れる方法③

この記事は「5.初心者でも作れるプレゼンテーション資料!Keynoteのスライドに写真や画像を入れる方法②」という記事の続きです。

さて、スライドに写真や画像を追加する方法は3つほどありますが、前回までにそのうちの2つをご紹介したので今日は残り1つをご紹介しますね。

スポンサーリンク

スライドに写真や画像を追加する方法③

スクリーンショット 2015-12-01 14.21.29▲今回は、このスライドの右側にあるデフォルトの写真を一旦削除して違う写真を入れる方法です。(前回とは違う方法)

 

スクリーンショット 2015-12-02 16.15.24▲写真を選択した状態でdeleteキーを押せば削除できます。

 

スクリーンショット 2015-12-02 16.19.20▲Macの「Finder」内にある自分のオリジナル写真や画像をプレビュー(ダブルクリックでOK)から開きます。(今回は透過した画像を使用しています)

開いた写真の上で「command」+「A」をクリックすれば、写真全体を選択した状態になります。

選択した写真を「command」+「C」でコピーしてください。

 

スクリーンショット 2015-12-02 16.21.31▲Keynoteに戻って、先ほどコピーした画像を「command」+「V」で貼り付けます。

 

スクリーンショット 2015-12-02 16.27.58▲あとは貼り付けた画像やテキストエリアの、大きさや配置をいい感じに変更すれば完了となります。

では、次回からはこのスライドを使って進めていきます。

 

スポンサーリンク