スポンサーリンク

4.初心者でも作れるプレゼンテーション資料!Keynoteのスライドに写真や画像を入れる方法①

この記事は「3.Macプレゼンソフト「Keynote」でフォントの種類や大きさ、テキスト編集エリアの色などを変えてみよう」という記事の続きとなります。

今回は、Keynoteにスライドに写真や画像を追加する方法をご紹介しますね。(やり方は3つあります。今回の記事ではそのうちの1つをご紹介します)

スポンサーリンク

スライドに写真や画像を追加する方法①

スクリーンショット 2015-12-01 14.21.29▲これが前回までのスライド。

今回は、このスライドの右側にあるデフォルトの写真をオリジナルのものに置き換える方法になります。

 

スクリーンショット_2015-12-02_16_06_59写真の右下にあるマークをクリックします。

すると自動的に写真アプリが起動しますので、その中から自分のお気に入りのオリジナル写真を選びましょう。

 

スクリーンショット 2015-12-02 16.14.41▲このようになりました。

あとは、写真の大きさや配置を微調整すればOKですよ。

ちなみにこの写真は福岡タワーの中です。どうでもいいですね、はい。(笑)

 

さて、Keynoteに関する連載記事もこれが4回目となりましたが、いかがでしょうか。

次回は「Keynoteのスライドに写真や画像を入れる方法②」をお届けします。

ではまた!

 

スポンサーリンク