【アップデート】iPhoneバックアップ管理ソフト「AnyTrans for iOS」でLINEのトーク履歴が復元可能に – その他新機能も追加 [PR]

以前ご紹介したiPhoneやiPadのバックアップ管理ソフト「AnyTrans for iOS」に新機能が追加され、最新のバージョン「7.5.0」がリリースされたのでご紹介する。

新バージョンでは、フルバックアップ後のバックアップにおいて変更されたデータのみをバックアップ可能な「増分バックアップ」機能や、LINEアプリ内のデータをバックアップできる機能などが追加されている。

リリースノートは以下のとおり。

「AnyTrans for iOS 7.5.0」リリースノート

1.増分バックアップ機能を実現、バックアップ管理機能を最適化。

2.LINE、WhatsApp、Viberのデータのバックアップ&復元&転送機能を追加。

3.キーワードで動画・音声を検索でき、動画・音声ダウンロード機能を最適化。

4.一部のバグを修正。

増分バックアップ機能

「増分バックアップ」機能とは、フルバックアップ後のバックアップにおいて前回から変更されたデータのみをバックアップすることができる新機能。

大きなサイズのデータを毎回バックアップする必要がなくなり、PCの容量やバックアップに必要な時間を削減することができる。

「増分バックアップ」機能の使い方

▲「増分バックアップ」機能はメニュー画面の「バックアップ管理」から利用可能。

 

▲新バージョンでは「バックアップ管理」内のメニューも刷新され、iTunesではバックアップできない10種類のデータもバックアップ可能な「フルバックアップ」や「増分バックアップ」、「復元」といった3つのバックアップモードが分かりやすく配置された他、従来はトップメニューに表示されていた「エアバックアップ(※)」もここに表示されるようになり、以前にも増して直感的な操作が可能となっている。

(※)USBケーブル無しでバックアップが取れる機能。スケジュール設定も可能。

 

▲デバイスを接続した状態で「増分バックアップ」を選択するとデバイスの選択画面に移行する。

バックアップするデバイスを確認し、画面右側の「>」をクリックすれば増分バックアップが開始される。

ちなみに、「パスワード保護を有効にする」にチェックを入れるとバックアップにパスワードを設定することができる。バックアップしたデータをより安全に管理したい方は設定しておくことをお勧めする。

 

▲バックアップ中の画面。

 

▲これで増分バックアップ完了。

 

▲なお、増分バックアップでバックアップしたデータは履歴に「増分」と表示され、データを管理しやすくなっている。

LINE、WhatsApp、Viberのデータのバックアップ&復元&転送機能

新バージョンでは「LINE」や「WhatsApp」、「Viber」といったメッセージアプリの会話履歴や写真データなどをバックアップし、必要に応じて復元できる新機能が搭載されている。(iPhone間の移動も可能)

これにより機種変更時に自動的に削除されてしまうデータもバックアップさえ取っておけば簡単に取り戻すことが可能となっている。

「LINE」のデータをバックアップする方法

ここでは「LINE」アプリのデータをバックアップする方法をご紹介する。

▲まずはメインメニュー内にある「ソーシャルアプリのデータ移行」をクリックする。

 

▲PCのカーソルを真ん中の [LINE] に重ねると「バックアップ」「復元」「iPhone to iPhone」というメニューが表示されるので、「バックアップ」を選択する。

 

▲上述した「増分バックアップ」と同様に、バックアップしたデータをより安全に管理したい方は「パスワードの保護を有効にする」にチェックを入れ、パスワードを設定しておくことをお勧めする。

パスワードを設定したら画面右側の「>」をクリックすればバックアップが開始される。

 

▲バックアップ中の画面。

 

▲これでLINEアプリ内のデータのバックアップが完了した。

「LINE」のデータを復元する方法

続いてバックアップしておいたデータをiPhoneに復元する方法をご紹介する。

▲バックアップ時と同様に、PCのカーソルを真ん中の [LINE] に重ね、今度は「復元」を選択する。

 

▲事前にバックアップしておいたデータを選択し、画面右側の「>」をクリックして復元を開始する。

 

▲復元中の画面。(デバイスが再起動します)

 

▲これで復元完了となる。

なお、同機能は一部のデータのみを復元できるものではなく、あくまでも全てのLINEデータを新しいデバイスに移行する場合のみに適用できる機能となっている。

そのため誤って削除してしまった一部データのみを復元させるという使い方はできないので注意してほしい。(メーカーさんによると、今後一部データの復元もできるように取り組んでいくとのこと)

【AnyTrans for iOS 7.5.0】アップデートのまとめ

もう一度おさらいすると、今回のアップデートで追加された主な新機能は前回のバックアップから変更されたデータのみをバックアップできる「増分バックアップ」機能と、LINEなどのSNSアプリのトーク履歴や添付ファイルをバックアップ/復元、またはiPhone間で移動できる機能となっている。

また、「バックアップ管理」内のメニューも刷新され、「フルバックアップ」「増分バックアップ」「エアバックアップ」がより直感的に操作しやすくなった他、オンライン動画を検索してダウンロードできる「動画・音声ダウンロード」機能も最適化されている。

なお、「AnyTrans for iOS」は有料ソフトだが、無料お試し体験版も用意されている。購入前に機能を試してみたい方はまず無料版をダウンロードしてソフトを触ってみると良いだろう。

ソフトに興味のある方は前回の記事(iPhoneの写真や音楽、アプリのバックアップや機種変更時のデータ移行におすすめのソフト「AnyTrans for iOS」)も併せてご参考にどうぞ!

Pocket


【最新記事の更新情報をお届けします】

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る