5.初心者でも作れるプレゼンテーション資料!Keynoteのスライドに写真や画像を入れる方法②

  • 2015年12月4日
  • 2022年6月29日
  • Keynote

記事内に商品プロモーションを含む場合があります


本記事は連載5回目の記事です。
Keynoteの超基本操作から学びたい方は1回目の「1.Macプレゼンソフト「Keynote」の超基本!まずは簡単なスライドを1枚作ってみよう」から順にご覧下さい。

Keynoteのスライドに写真や画像を追加する方法は3つほどあります。

前回(連載4回目)ではデフォルトの写真の右下にある写真アイコンから変更する方法をご紹介しました。

今回はデフォルトの写真を削除して新たな写真を追加する方法をご紹介します。

スライドに写真や画像を追加する方法

スクリーンショット 2015-12-01 14.21.29

▲こちらは前々回までに作成したスライドです。

スライドの右側にあるデフォルトの写真を削除して新たにオリジナルの写真を入れていきます。

 

スクリーンショット 2015-12-02 16.15.24

▲写真を選択した状態でdeleteキーを押せば削除できます。

 

スクリーンショット_2015-12-02_16_16_13

▲次に、画面上の赤枠で囲った部分(メディア)をクリックします。

すると自動的にMacの写真アプリが起動するのでお気に入りのオリジナル写真を選びます。

 

スクリーンショット 2015-12-02 16.16.36

▲選んだ写真がスライドに追加されました。

 

スクリーンショット 2015-12-02 16.14.41

▲あとは配置や大きさを変えれば完成です。簡単ですね!

 

次回は「Keynoteのスライドに写真や画像を入れる方法③」をお届けします⬇︎

 

最新情報をチェックしよう!