スポンサーリンク

Macで直筆の署名をWebカメラから取り込んで配置する方法

先日は、Macのトラックパッドを使ってWeb上の書類に署名をする方法をご紹介しましたが、今回は、実際に手元のボールペンで書いた直筆の署名を、Macのカメラから取り込んで書類に配置する方法をご紹介致します。

今回用意するもの

  • 白い紙
  • ボールペン
  • Mac

 

SETP1:署名したいWeb上の書類をプレビューから開く

1

▲ここは、トラックパッドで署名する方法と同じ流れになります。

書類をプレビューから開いたら、赤矢印の順に進み、「署名を作成」を選択してください。

 

STEP2:白い紙に署名

ここで、手元にある白い紙にボールペンで署名しておきます。

大きさは、普通の大きさ程度です。大きくなりすぎないように注意してください。

 

STEP3:カメラを起動して署名を写す

スクリーンショット_2015-06-03_10_14_34

▲STEP1で「署名を作成」を選択したら、「カメラ」をクリックします。

すると、MacのWebカメラが起動します。

起動したカメラの画面に、STEP2で書いた署名を写し出します。

署名は左右が逆さまになった状態になりますが、うまく写るポイントを合わせると、自動で左右反転してくれます。

ここまで出来たら、「完了」をクリックします。

 

STEP4:最終調整

スクリーンショット 2015-06-03 10.22.16

▲もう一度署名のマークをクリックして、今の署名(山田太郎)を選択します。

 

スクリーンショット 2015-06-03 10.22.27

▲このように表示されますので、あとは大きさや配置を変更すればOKです。

 

スクリーンショット 2015-06-03 10.28.44

▲これで完了!お疲れ様でした^^

 

スポンサーリンク

管理人のひとこと

トラックパッドの方法と、今回のカメラを使う方法、どちらがお好みでしょうか?

ではまた!

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク