スポンサーリンク

OS X Yosemiteからの新機能、iPhoneのiMessageをMacで送受信する方法

YosemiteにアップデートされてからMacとiOS 8との互換性が高くなり非常に便利になりましたが、今回はMacでiMessageを送受信する方法をご紹介します。  

スポンサーリンク

iPhoneの設定①

IMG_1351
▲「設定」>「メッセージ」>「メッセージ転送」と進みます。

 

 IMG_1352
▲メッセージ転送を画像のようにオンの状態にします。  

Macの操作

Macで「Launchpad」からメッセージを起動させます。

スクリーンショット 2014-12-04 20.58.50
画像では黒く塗りつぶしていますが、Macにコードが表示されたら再び iPhoneの操作へ戻ります。  

iPhoneの設定②

IMG_1350
Macに表示されたコードをここに入力して「許可」をタップすれば完了!

これでMacの「メッセージ」からSMS/MMSの送受信ができるようになっていると思います。  

管理人のひとこと

今回のアップデートでは個人的に「AirDrop」がかなりお気に入りですが、iMessageもMacでやりとりできるほうがiPhoneの節電にもなるのですごくグッドですね!

次回はiMessageがうまく設定できない人のための解決方法をエントリーします。

【追記】MacとiPhoneのiMessageのための同期がうまくいかない場合の対処法

OS X El Capitan パーフェクトマニュアル
ソーテック社 (2015-10-22)
売り上げランキング: 44,347

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク