Amebaユーザーは要確認!5万アカウント以上が不正ログイン被害


記事内に商品プロモーションを含む場合があります


本日5月11日、株式会社サイバーエージェントは同社が運営する「Ameba」にて、登録したユーザー本人以外の第三者による不正なログインが発生したことを発表した。


不正ログインは5万件以上

発表によると、発生した不正ログインは2016年4月29日(金)20時27分から「リスト型アカウントハッキング(リスト型攻撃)」の手法で行われ、2016年5月7日(土)17時46分の時点で不正ログイン試行回数は2,236,076回、不正ログインされたアカウント数は、50,905件にも及んでいる模様。

第三者に閲覧された可能性のある「Ameba」の登録情報(ニックネームやメールアドレス、生年月日など)については改ざんの事実は確認されていないとしている。

不正ログインを受けた50,905件のログインID(アメーバIDまたはメールアドレス)については今後の被害拡大などを防ぐため、2016年5月6日(金)と2016年5月10日(火)にサイバーエージェントの判断でパスワードのリセットを行い、これを保有するユーザーに対しては、その事実と、リセットしたパスワード再設定のお願い、問題事象があった場合の問い合わせ方法など、個別にメールで案内しているとのこと。

Amebaユーザーはサイバーエージェント(Ameba)からメールが着ていないか一度確認してほしい。

なお、サイバーエージェントではメールが着ていなくても以下のようなログインID・パスワードを設定している場合は推測されにくい複雑なものに再設定することを呼びかけている。

・他社サービスと同一のログインID・パスワードの組み合わせを使用している
・パスワードに「ログインID」が含まれている
・パスワードが「同じ文字の連続」になっている
・パスワードが「生年月日」や「電話番号」になっている
・パスワードが「数字のみ」になっている
・パスワードが「password」などの単語のみ使われている

source:株式会社サイバーエージェント

 

【関連記事】

▶︎LINE乗っ取り防止-PCでLINEにログインできませんでしたと通知がきた場合の対策

▶︎乗っ取り注意!LINE公式に見せかけた偽のメッセージのリンクは絶対踏まないように!

▶︎SNS等のアカウント乗っ取り被害経験は4割!対策方法を知らない人は7割!【LINEセキュリティリテラシー実態把握調査】

▶︎Facebookユーザー要注意!「レイバン乗っ取りスパム」が流行の兆し

▶︎Twitterに千代田区から不正ログインがあったとメールがきたので対処しておいた。

▶︎Amazonが2段階認証を導入。さっそく設定してセキュリティを強化しておいた!