スポンサーリンク

Twitterに千代田区から不正ログインがあったとメールがきたので対処しておいた。

1月21日の朝、メールの確認をしているとTwitterから新着メールが届いていた。

開封してみると、そこには「ご利用中のTwitterアカウントへのログインがありましたのでお知らせします。」という文字が。

よく読んでみると、このログインに心当たりがない場合は第三者によるアカウント乗っ取りの可能性があると書いてあった。

それはあかんやつや!

でも、たしかに夜寝ぼけてスマホをいじっていた記憶はある。それが原因かもしれない。

だが、ログインの場所は東京都千代田区からのもの。僕は東京に住んでいない。

少し調べてみると、これはTwitterのバグで実は本人がなんらかの形で気付かずにログインした可能性もあるようだ。

だとすれば寝ぼけてスマホをいじっていた記憶はあるため、そのときに僕がブラウザでログインしたのかもしれない。(いつもは公式アプリかJanetterを使っている)

たしかに、メールの内容にはログインした端末はiPhoneだと書いてある。これは自分の可能性が高い。

とはいえ、「第三者によるアカウント乗っ取りの可能性がある」と言われてそのままにしておくのは気持ち悪いので、念のためパスワードを変更して対処しておいた。

スポンサーリンク

不正ログイン通知のメール本文からTwitterのパスワードを変更する方法

Twitter不正ログイン通知

不正ログイン通知を受け取ったら、メール本文中の「Twitterのパスワードをリセット」というリンクから直ちにパスワードを変更することができる。

もし本当に不正ログインだった場合は犯人が勝手にパスワードを変えてアカウントを乗っ取ってしまう可能性があるため、そうならないうちに早めに新しいパスワードに変更しておいたほうが良い。

その点、メール本文のリンク先からであれば直ちに変更できるのでそこから変更することをオススメする。

PCやスマホのブラウザからTwitterのパスワードを変更する方法

Twitterモバイルサイト

TwitterはiOS公式アプリからパスワードが変更できないため、PCやiPhoneのブラウザからTwitterのモバイルサイトにアクセスして変更しなければならない。

Twitterモバイルサイト▶︎https://mobile.twitter.com/

モバイルサイトにアクセスしたら対象のアカウントで「ログイン」し、自分のプロフィールアイコンをクリックして「設定」へと進む。

そこから「パスワード」をクリックすれば変更画面へと移る。

「ログイン認証」で乗っ取り対策を!

Twitterの乗っ取り対策のひとつとして「ログイン認証」という設定がある。

「ログイン認証」とはいわゆる2段階認証のことで、これを有効にしておくとTwitterログイン時に自分のスマホに送られてくる「認証コード」を入力しなければログインできない。

Twitterログイン認証

(↑PCでログインしようとした場合の画面。)

つまり、第三者が乗っ取ろうとしてもスマホがなければ(認証コードがわからなければ)ログインできないというわけだ。

 

Twitterログイン認証

設定方法は公式Twitterアプリで「歯車アイコン」>「設定」>「アカウント」>「セキュリティ」と進み、「ログイン認証」をオンにして「完了」を選択する。

これで次回のログインからは認証コードが必要となる。

つっつん
パスワードは推測されにくいものに設定しましょう!他サービスとの使い回しもやめておいた方がいいです。

【こちらの記事もどうぞ】
▶︎LINE乗っ取り防止-PCでLINEにログインできませんでしたと通知がきた場合の対策
▶︎パスワードの変更を!Amebaでまた約59万アカウントに不正ログイン被害発生

スポンサーリンク