新型iPhone(iPhone 12)は通常の数週間遅れで発売


記事内に商品プロモーションを含む場合があります


新型iPhone(仮称:iPhone 12)は通常より数週間遅れて発売される模様。

9to5Macによると、AppleのCFOであるLuca Maestri氏が 2020年第3四半期決算発表後の電話会見中にiPhone 12シリーズのリリースが通常よりも少し遅れることを明らかにしたそうだ。

昨年は9月20日にiPhone 11シリーズが発売されているが、今年は10月中旬以降に発売されるものと見られている。

iPhone 12シリーズは5.4インチと6.1インチの「iPhone 12」、6.1インチの「iPhone 12 Pro」、6.7インチの「iPhone 12 Pro Max」の4モデル構成になると噂されており、そのすべてのモデルにQualcomm製の5Gチップが採用される見込みとなっている。

関連記事

MacRumorsが次期iPhone(iPhone 12:仮称)のダミーモデルを用いたハンズオン動画を公開している。Appleは今年、5.4インチと6.1インチの「iPhone 12」、6.1インチの「iPhone 12 Pro」、[…]