最新のiOSが原因か?iPhoneのミュージックアプリでバッテリーの異常消耗が報告される

iPhoneのミュージックアプリでバッテリーの異常消耗が報告されている。

MacRumorsによると、一部のiPhoneユーザーがAppleサポートコミュニティやRedditを利用してミュージックアプリのバッテリー異常消耗を報告している模様。

報告によると、「iOS 13.5.1」を搭載したiPhoneにおいて、ミュージックアプリが勝手にバックグランドで実行されてしまうそうで、ミュージックアプリを数週間まったく使っていない場合でも毎日数時間にわたりバックグランドアクティビティが発生することがあるという。

この報告は4月からあるものの、先週から急激に増えていて、ここ最近Appleがサーバー側で何かを変更したことが原因になっている可能性があるのだとか。

一部のユーザーはミュージックアプリを削除することで対応しているそうだが、「Apple Music」を定期購入している人はそうもいかないだろう。次のiOSアップデートで修正される可能性はあるが、Appleにはなるべく早い改善を期待したいところだ。

なお、問題を解決するために以下の手順が公開されているが、成功率は低いとのこと。

  • 音楽アプリを強制終了します。
  • 「iPhone」を再起動/復元します。
  • 音楽アプリを削除して再インストールします。
  • 自動ダウンロードをオフにします(設定->音楽->自動ダウンロード)。
  • バックグラウンドアプリの更新を無効にします([設定]-> [一般]-> [バックグラウンドアプリの更新]-> [音楽を無効にする])。
  • モバイルデータをオフにします([設定]-> [音楽]-> [モバイルデータ])。
  • ミュージックライブラリのすべてのダウンロードをキャンセルします。
【カテゴリー】iPhoneニュース
広告