【手順】Twitter、DMに絵文字で反応することが可能に

TwitterがDM(ダイレクトメッセージ)に絵文字で反応(返信)できるようになったことを発表した。

早速、筆者個人のTwitterアカウントと当ブログのアカウントを使って機能を試してみたのでその流れを解説する。

TwitterのDMに絵文字で反応する流れ(手順)

今回行った手順は以下の通り。

  • 手順1:いつもどおり普通にDMを送信
  • 手順2:受信メッセージの横の【♡】ハートマークをタップして7種類の絵文字を表示
  • 手順3:好きな絵文字を選択
  • 手順4:再び送信側で確認
ダイレクトメッセージ送信
ダイレクトメッセージ送信

▲【手順1】まずは試しにいつもどおり普通にDMを送信してみた。

 

7種類の絵文字で返信可能
7種類の絵文字で返信可能

▲【手順2】受信したアカウントに移動してDMを確認。

メッセージの横の [♡](ハートマーク)をタップすると7種類の絵文字が表示された。(メッセージ部分をダブルタップでもOK)

本記事では「👍」を使ってみる。

 

絵文字をタップする
絵文字をタップする

▲【手順3】絵文字「👍」を選んでタップすると、受信したメッセージの下に自分が選んだ絵文字(反応)が表示された。

 

送信側にも反応が表示される
送信側にも反応が表示される

▲【手順4】送信側のアカウントでも相手が絵文字で反応したことを確認できる。

絵文字の反応(返信)は取り消し可能

絵文字の反応は取り消し可能
絵文字の反応は取り消し可能

▲一度選択した絵文字は、その絵文字をタップして『取り消す』をタップすることで取り消すことが可能。

もちろん相手側(受信側)の画面からも反応は削除される。

ひとこと

つっつん
絵文字の種類が増えたらいいですね!
広告