スポンサーリンク

Macで請求書を作るならこのサービスがすごく良い!

この記事は2014年6月に公開された記事です。

2015年11月(2017年3月編集済)(2017年6月編集済)に改めて詳しく書いた記事がありますので、そちらもご覧ください。↓

 

ぼくのパソコンがWindowsだった時代に使用していた請求書作成サービスがMacに対応していなかったため、Macで使える良質な請求書作成サービスを探していたところ、すごく良いサービスを見つけたのでこれから利用させていただくことにしました。

サービスの名前は「Misoca(みそか) 」です。

今回はそのサービスについてご紹介します。

スポンサーリンク

クラウド請求書管理サービス

請求書の内容は全てクラウドに保存されます。

つまり、Mac以外のデバイスからもインターネットさえ繋がっていれば簡単に管理画面から請求書を作成できます。

ぼくはiPhoneユーザーですがこれはとても便利ですね。

PDFの変換が簡単

請求書のPDF変換が簡単なので、そのまま素早く取引先へ請求書を送付できます。

便利ですね〜。

自動郵送機能あり

この機能は目からウロコです。

なんと作成した請求書を相手先に代行して郵送してくれるんですって。

金額は1通につき180円。

しかも、きちんと「請求書在中」と書かれた封筒に入れて郵送してくれます。

ぼくのようなフリーランスは自分で面倒な郵送作業をしなくて済むわけですから利用すべきですよね。

ちなみに、FAXも1通60円で代行して送信してくれるようですよ。ありがたや。

請求書管理枚数が無制限

ぼくが無料で請求書作成ができるサービスを探してたときに、いろいろなサービスを調べまくって一番ひっかかった部分は請求書管理枚数でした。

たとえば、初めは無料でも作成枚数に上限があったり・・・・・・。

この点、misocaさんは以前のプランを見直して、今は月額料金も無料で請求書管理枚数も無制限

ナイスですよね。本当に嬉しいサービスです。

もう利用しないワケが見当たりませんでした。

他の機能

他の機能としては

請求書の作成入金管理・発送管理コピー機能
一括コピー機能
請求書の一括作成・CSV一括作成請求書の自動定期作成機能
PDFダウンロード機能
印影画像のアップロード機能
見積書のFAX機能
請求書から領収書の作成見積・納品・請求書の転記・変換機能
請求データのCSVダウンロード
請求データの弥生会計形式ダウンロード
請求データのGMO-PG口座振替連携源泉徴収税の自動計算機能
顧客管理機能
登録顧客情報からの見積・納品・請求書作成
CSV一括登録・読み込み

※misocaホームページより引用

があるようです。

フリーランスの方など、気になった方はぜひ利用してみてください。

【追記:2017/04/24】
2017年4月24日、Misocaより料金体系の変更が発表され、5月1日より請求書の無料作成枚数が月間5通までに変更となります。(見積書・納品書作成は無制限のまま)

また、請求書の郵送サービスも無料プランでは利用できなくなります。

Misoca

すでにMisocaを利用中のユーザーには2017年6月1日(木)以降、Misocaアプリ(Web版)にログインした時に移行の申し込みを案内するメッセージが表示され、既存のデータを引き継ぐことが出来ます。(移行期間は2017年6月1日から8月31日)

なお、Misocaを継続して使うには弥生株式会社の弥生IDが必要になるとのことです。

新料金プランなど、詳しくは公式ページ をご覧ください。

【2017/10/05追記】
Misocaが初年度無料キャンペーンを開始しました。2018年4月30日(月)までの予定です。

つっつん
請求書を作る枚数が月に5枚以内なら無料のまま継続して使えるけど、6枚以上必要な人は残念ながら有料プランになってしまいますね。僕は6枚以上作ることは滅多にありませんので継続して無料のまま利用させて頂きます。

【追記:2017/6/16】5分で完了。Misocaを継続して使うために弥生IDを取得して移行する手順

Misocaから案内がきていたので、継続して使うために弥生IDを取得してアカウントを移行しました。

僕と同じように以前からMisocaを使っていて継続する人はもちろんですが、これからはじめて利用する人も弥生IDの新規登録方法は同じなので参考にしてください。初めての方はこちら→クラウド請求書・見積書・納品書管理サービス Misoca(みそか)

移行は速い人で5分、遅くても15分もあれば終わると思います。

Misoca(ミソカ)

▲まず、これまでどおりMisocaのログイン画面にアクセスすると、このような表示が出てきます。

ここでは「旧プランでログイン」を選びます。

 

Misoca(ミソカ)

▲旧Misocaのメールアドレスとパスワードを入力してログインしたら、画面上部にある「8/31まで!新プランへの移行はこちら」をクリックします。

 

Misoca(ミソカ)

▲「上記に同意して移行を開始する」をクリックします。(MIsocaアカウントで使っているメアドを変更する人は「メールアドレス変更はこちら」から変更)

 

Misoca(ミソカ)

▲「弥生ID新規取得」をクリックします。

ここからははじめて登録する人と同じ流れです。

 

Misoca(ミソカ)

▲必要な情報を入力して「登録する」をクリックします。

 

Misoca(ミソカ)

▲プランを選択します。

僕のようにMisocaを無料のまま継続する人は「無料体験」を選択して「次へ」をクリックしてください。有料プランを使う人は対象のプランを選択して支払い方法を決めてください。

ちなみに、「無料体験」では2ヶ月間請求書を10通まで作成することが可能です。2ヶ月の無料体験期間終了後は5通までしか作れない「無料プラン」に自動的に契約が移行されます。(取引先登録、見積書・納品書の作成、メール送信は無制限のまま使えます)

 

Misoca(ミソカ)

▲「申し込みを確定する」をクリックします。

ここまでで移行完了かと思いきや、最後にサービスの利用情報を登録しなければなりませんでした。でももう一息です。

 

Misoca(ミソカ)

▲必要な情報を入力したら「登録する」をクリックします。

 

Misoca(ミソカ)

▲これでOKです。

あとは「サービスを開始する」→「新プランへの移行を完了する」と進めば移行完了です。

 

Misoca(ミソカ)

▲管理画面は右下に「チャットサポート」がついたくらいで、特段これまでと仕様の変更はなさそうです。

ということで、移行を終えられた方、お疲れ様でした!

スポンサーリンク