Macで請求書を作るならこのサービスがすごく良い!

最近、WindowsパソコンからMacに乗り換えたわたし。

Windowsで利用していた請求書作成サービスがMacに対応していなかったため、Macで使える良質な請求書作成サービスを探していたところ良いサービスを見つけたのでこれから利用させていただくことにしました。

サービス名は「Misoca(みそか)」といいます。

ということで今回はMisocaについてご紹介します。

シンプルな画面で直感的に操作できる

Misoca:ホーム画面
Misocaのホーム画面

サービスの利用を検討するうえで1番気になるのは「操作感」ではないかと思いますが、Misocaの管理画面や請求書作成画面はとてもシンプルでわかりやすいです。

そのため初心者でも直感的に操作でき、請求書の作成や保存、印刷、メール送信などが簡単にできます。

⬇︎請求書の作り方はこちらで解説しています
【10ステップ】Misocaで請求書を作成する方法

 

\ 誰でもカンタンに請求書が作れる /
Misocaを試してみる

 

クラウド請求書管理サービス

Misocaは請求書の内容が全てクラウドに保存されます。

つまり、Mac以外のデバイスからもインターネットさえ繋がっていれば簡単に管理画面にアクセスでき、請求書の作成や編集、メール送信ができます。

ちなみにわたしは iPhoneユーザーですが、専用アプリが提供されているため iPhoneからでも手軽に請求書を作成・発行できます。もちろんAndroid版アプリも提供されています。

記事執筆者つっつん
管理人
つっつん
iPadにも対応してますよ〜

請求書作成アプリ - Misoca

請求書作成アプリ – Misoca

yayoi無料posted withアプリーチ

請求書管理枚数が無制限

わたしが請求書作成サービスを探してたときに一番ネックに感じたのは請求書管理枚数でした。

基本的にはどのサービスも管理枚数に制限があり、ひと月に作成できる請求書枚数が限られていたのです。

その点、Misocaは以前のプランを見直して今は月額料金無料で請求書管理枚数は無制限(下に追記あり)となっています。

これはナイスですよね。もう利用しないワケが見当たりませんでした。

追記:請求書作成は無料プランなら月間5通までに変更

記事執筆当時は無料で作成できる請求書の枚数に制限はありませんでしたが、現在は無料で作成できる請求書の枚数は月間5通までに変更されています。(見積書・納品書の作成数は無制限のままです)

現在は以下の3つのプランが展開されていて、月間6通以上の請求書を作成したい方は「プラン15」または「プラン100」を契約する必要があります。

ちなみにわたしは小規模のフリーランスなので月間6通以上請求書を作成することは滅多になく無料プランのまま利用していますが、5通で足りない方は上位プランをご検討ください。

記事執筆者つっつん
つっつん
まずは無料プランで操作感を試してからでも良いと思います
月間請求書作成数 見積書/納品書/取引先登録 料金
無料プラン 5通まで(6通以上は不可) 無制限 ずっと無料
プラン15 15通まで(16通以上は70円/通) 無制限 8,000円/年
初年度無料キャンペーン実施中
プラン100 100通まで(101通以上は70円/通) 無制限 30,000円/年
初年度無料キャンペーン実施中

2022年6月現在、「プラン15」および「プラン100」の初年度(1年間)無料キャンペーンが実施されています。詳しくは請求書作成サービス「Misoca(みそか)」でご確認ください。

\ 請求書は毎月5通まで無料 /
Misocaを試してみる

 

PDFの変換が簡単

ワンクリックでPDFダウンロード

Misocaで作成した請求書はワンクリックで簡単にPDF変換ができます。

データをPDFダウンロードすることでクラウドだけでなくPC内にローカル保存して管理することが可能です。

管理画面から簡単にメール送信できる

作成した請求書は管理画面から取引先に素早くメール送信できます。

取引先には画像のように「○○より請求書が届いています。」という件名でメールが届き、ワンクリックで請求書の内容を確認できます

また、取引先はメールで届いた請求書をPDFダウンロードすることが可能です。

記事執筆者つっつん
つっつん
PDFデータとして自分のパソコンに保存した請求書を手動でメールに添付して送信してもOKです!

自動郵送機能あり

この機能は目からウロコです。

なんとMisocaでは作成した請求書を相手先に代行して郵送してくれます

金額は1通につき180円。(←追記無料プランでは利用できなくなりました。「プラン15 (有料)」から1通につき160円(税抜)で利用できます

しかも、きちんと「請求書在中」と書かれた封筒に入れて郵送してくれます。

わたしのようなフリーランスは自分で面倒な郵送作業をしなくて済むわけですから利用すべきですよね。

ちなみに、FAXも1通60円で代行して送信してくれます。ありがたや。(←追記無料プランでは利用できなくなりました。「プラン15 (有料)」から1通につき60円(税抜)で利用できます

その他機能

その他の機能としては

請求書の作成入金管理・発送管理コピー機能
一括コピー機能
請求書の一括作成・CSV一括作成請求書の自動定期作成機能
印影画像のアップロード機能
見積書のFAX機能
請求書から領収書の作成見積・納品・請求書の転記・変換機能
請求データのCSVダウンロード
請求データの弥生会計形式ダウンロード
請求データのGMO-PG口座振替連携源泉徴収税の自動計算機能
顧客管理機能
登録顧客情報からの見積・納品・請求書作成
CSV一括登録・読み込み

※misocaホームページより引用

があります。

印影画像をアップロードして請求書に追加できる機能なんかはすごいですよね。会社ロゴもアップロードできるのでロゴをお持ちの方は請求書に反映させて本格的な仕上がりにされてみてはいかがでしょうか。

\ 請求書は毎月5通まで無料 /
Misocaを試してみる

 

せっかく弥生IDを取得したら確定申告の書類作成も「やよいオンライン」がおすすめ!

Misocaのアカウント作成のために弥生IDを取得したなら確定申告の書類作成は「やよいの青色(白色)申告オンライン」がおすすめです。

なぜなら、Misocaは「やよいオンライン」を提供する弥生株式会社のサービスで、MisocaのIDをそのまま使えるからです。(サービスの連携もできます)

確定申告のオンラインサービスはいくつかありますが、「やよいの青色(白色)申告オンライン」の魅力はなんと言っても価格の安さだと思います。ちなみにわたしも毎年使っています。

はじめて確定申告をされるフリーランス・個人事業主の方は白色申告をされる方が多いかと思いますが、やよいの白色申告 オンライン」はフリープランならずっと無料です。

電話サポートを受けたい方は8,640円(年額)のベーシックプランもありますが、パソコンが普通に使える方ならフリープランで十分です。

もし分かりにくい操作があったとしても検索エンジンで調べれば分かるので問題ないかと思います。

また、青色申告をされる方は「やよいの青色申告 オンライン」のセルフプランが8,640円(年額)で利用できます。(←わたしはこのプランです) 記事執筆時、こちらは1年間無料お試し期間も設けられています。

白色申告プランと同様に電話サポート付きのベーシックプランが12,960円(年額)で用意されていますが、個人的にはセルフプランで十分だと思います。

とはいえ、パソコンや確定申告の知識があまり無くて不安だという方はベーシックプランに加入したほうが安心かもしれませんね。青色申告は白色申告に比べてちょっとだけ複雑ですし、「期首残高」や「元入金」と聞いてよく意味が分からない方はベーシックプランで相談しながら進めたほうが早いです。

12,960円(年額)でも競合社の同等プランに比べると安価なほうですし、記事執筆時は最初の1年間だけ6,600円(年額)で利用できるので確定申告ソフトを検討している方は利用されてみてはいかがでしょうか。

やよいの白色申告 オンライン

やよいの青色申告 オンライン

 

本記事は2014年6月に初公開された記事です。
Misocaのサービスプラン改変について詳しく書いた記事(2020年5月編集済)がありますのでそちらもご覧ください↓

▶︎1年半以上利用している僕がオススメする無料請求書作成サービス!Macにも対応してます