今年2019年のiPhoneは6.1インチと6.5インチモデルにトリプルカメラを搭載か

今秋発売予定の新iPhoneは6.1インチモデルと6.5インチモデルにトリプルレンズカメラが搭載されるかもしれない。

Macお宝鑑定団Blogによると、信頼できる中国のサプライヤー関係者から得た情報として6.1インチ有機ELモデルと6.5インチ有機ELモデルの2機種にトリプルレンズカメラが搭載される予定だという。

6.1インチ有機ELモデルは「iPhone XS」と「iPhone XR」の中間サイズとなり、筐体の厚みは「iPhone XS」より 0.15 mm厚くなるが、背面カメラの突出部分は約 0.5 mm薄くなる模様。

もうひとつの6.5インチ有機ELモデルは「iPhone XS Max」と比べて筐体の厚みが約 0.4 mm厚くなるが、こちらも背面カメラの突出部分が約 0.25 mmほど薄くなる模様。

なお、この2機種にはUSB – C Lightningケーブルと18W電源アダプタが同梱される他、iPhone本体からApple Watchや他のQiワイヤレス充電対応デバイスへの充電が可能となるワイヤレス充電機能が搭載される可能性が高いとのこと。

 

[Source:Macお宝鑑定団Blog]
[Photo:YouTube(ConceptsiPhone)]

Pocket


[Follow me!!] 記事の更新情報をお届けします

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る