スポンサーリンク

次期新型 iPhoneの6.5インチモデルは「iPhone 8 Plus」と同サイズに?「iOS 12」では顔認証が横向きで可能になるかも

今秋発売が見込まれる次期 iPhoneは5.8インチ/6.1インチ/6.5インチの3モデル展開が予想されているが、6.5インチモデルは「iPhone 8 Plus」と同サイズになるかもしれない。

Macお宝鑑定団Blogによると、信頼できる情報筋が6.5インチモデルは「iPhone 8 Plus」と同サイズになると話しているそうだ。ただし、背面のリアカメラは実装形式が変わって厚みが0.2mmほど増す模様。

また、価格を抑えるために有機ELディスプレイではなく液晶ディスプレイが搭載されると噂の6.1インチモデルは「HUAWEI nova lite 2」や「Moto G5 Plus」に近いサイズとなり、6.1インチではなく6インチになる可能性があるという。デュアルカメラは非搭載になる模様。

5.8インチモデルは「iPhone Ⅹ」と比べてカメラレンズが大型化されるが、同じ筐体が採用される予定。

さらに「iOS 12」からは本体を横向きにしたまま「Face ID」でロックが解除できるようになるとも報じられている。情報が本当ならこの改良は「iPhone Ⅹ」ユーザーにとって朗報だ。もちろん向きだけでなく、角度や距離などの精度向上も期待したいところ。

先日発表された Appleの2018年第2四半期の業績では売れ行きが好調であることが明らかとなった「iPhone Ⅹ」。次期 iPhoneは低価格モデル(6.1インチモデル)を含めた3モデル展開となる見通しで、低価格モデルの人気が高まるのではないかとの予想もあるが果たしてどうなるか。それぞれの売れ行きにも注目が集まる。

Pocket


[Follow me!!] 記事の更新情報をお届けします

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る