次期iPhoneはノッチ小型化で幅広アンテナライン?長期的には有線ケーブルの廃止も検討か

次期iPhone(仮称:iPhone 12)はノッチが小型化し、5G通信のために幅の広いアンテナラインが採用されるかもしれない。

iPhoneなどのリーク情報でお馴染みのBenjamin Geskin氏によると、Appleは2020年に発売する新型iPhoneのプロトタイプをテストしてるようで、ディスプレイ上部のノッチ(切り欠き部分)を小さくするための開発が行われているという。現段階では幅を狭くしたものやベゼルに収まるサイズがテストされている模様。

また、次期iPhoneは5G通信に対応すると噂されており、これに伴いアンテナラインの幅が広がることが予想されている。アンテナラインの素材にはガラスやセラミック、サファイアがテストされている模様。

さらに、Appleは将来的にiPhoneのLightningポートを廃止することを検討している可能性があるという。これは2020年のiPhoneで実現する可能性は低いものの、Lightningポートが廃止された場合の充電はワイヤレスのみとなり、データ通信に関してはUWB(超広帯域無線通信)が採用されると予想されている。

【関連】「iPhone 12 Pro」のコンセプト動画 ‐ ノッチなし、4眼カメラ搭載

広告