スポンサーリンク

次期iPhoneの液晶画面にはジャパンディスプレイの「フルアクティブ」を採用か

次期 iPhoneの液晶画面にジャパンディスプレイの「フルアクティブ」が採用されると時事通信社が報じている。

「フルアクティブ」はパネルを囲む外枠が最小0.5ミリでも作動するため、ベゼルの幅を狭くして画面をより大きく取れることが特徴。製造コストも有機ELより安い。

今のところ次期 iPhoneは5.8インチ、6.1インチ、6.2インチ(または6.5インチ)の3モデル展開になると予測されており、そのうち6.1インチモデルには液晶ディスプレイが搭載され「iPhone 7/7 Plus」以前のような金属製ボディが採用されるとみられている。

3モデルのうちひとつを液晶ディスプレイにする理由は、製造コストを抑えて安価なモデルを提供する為とみられており、そこにジャパンディスプレイの「フルアクティブ」が採用されるものと予想される。

【関連記事】
2018年発売のiPhone、6.1インチモデルは液晶ディスプレイで金属製ボディの噂
2018年発売のiPhoneは5.8インチ/6.1インチ/6.5インチの3モデル展開か

photo:Ben Geskin

Pocket


[Follow me!!] 記事の更新情報をお届けします

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る