Apple新製品発表イベント 5つの新製品 2022年3月

日本時間2022年3月9日にAppleが新製品発表イベントを開催しました。

本記事では以下の5つの新製品を簡単に紹介します。(読了目安:4分)

iPhone SE(第3世代)

「iPhone SE(第3世代) 」はiPhone 13シリーズと同じA15 Bionicチップを搭載。CPUは iPhone 8に比べ1.8倍、GPUは最大2.2倍ほど高速化しています。

従来のiPhone SEと同様にホームボタンが搭載され、画面は4.7インチRetina HDディスプレイを搭載。5Gにも対応しています。

カラーラインナップは「ミッドナイト」「スターライト」「(PRODUCT)RED」の3色展開。

価格は57,800円(税込)からで、発売日は3月18日となります。

記事執筆者つっつん
つっつん
見た目は第2世代と同じですね

【関連】歴代iPhoneスペック比較一覧表

iPhone 13 (新色:グリーン/アルパイングリーン)

iPhone 13シリーズに下記の新色が追加されました。

モデル 新カラー
iPhone 13 / iPhone 13 mini グリーン
iPhone 13 Pro / iPhone 13 Pro Max アルパイングリーン

3月11日に予約受付が始まり、3月18日に発売予定です。

記事執筆者つっつん
つっつん
性能に変化はありませんね

iPad Air(第5世代)

「iPad Air(第5世代)」にはM1チップが搭載され、性能が大きく向上しました。

M1チップ搭載のiPadは昨年5月に発売された11インチiPad Pro(第3世代)と12.9インチiPad Pro(第5世代)に続き3機種目となります。

また、USB-C端子の転送速度が最大10Gbpsとなり従来の2倍の速さで外部機器とファイルの転送が可能となった他、上記iPad Proや iPad(第9世代)などにも搭載されているセンターフレーム機能がインカメラに搭載されています。

カラーラインナップは「スターライト」「スペースグレイ」「ピンク」「パープル」「ブルー」の5色展開で、価格は74,800円(税込)から、予約受付の開始は3月11日で、発売日3月18日です。

記事執筆者つっつん
つっつん
センターフレーム機能は被写体の動きにあわせてカメラが自動追尾してくれる機能ですね

【関連】歴代iPadスペック比較一覧表

M1 Ultraチップ搭載「Mac Studio」

最新のM1 Ultraチップを初搭載した製品として「Mac Studio」が発表されました。

M1 Maxチップ2個が内蔵された強力なM1 Ultraチップを搭載するMac Studio。本体サイズは19.7cm四方で高さは9.5cmとなります。

背面には4つのThunderbolt 4ポート、10Gb Ethernetポート、2つのUSB-Aポート、HDMIポート、3.5mmオーディオジャックを搭載。前面には2つのUSB-CポートとSDカードスロットが搭載されています。

Mac StudioにはM1 Maxを搭載することもでき、M1 Maxチップ搭載モデルの価格は249,800円から、M1 Ultraチップ搭載モデルは499,800円(いずれも税込)からとなります。

予約受付はすでに開始されていて、発売は3月18日の予定です。

記事執筆者つっつん
つっつん
M1 Maxチップ2個分とかすごい

Studio Display

「Studio Display」はMac Studio向けの27インチディスプレイです。

細いベゼルと薄型のデザインが特徴的で、最大30度までディスプレイを傾けることができるスタンドが付属します。(オプションでVESAマウントアダプタも選択可能)

背面には3つのUSB-Cポートと1つのThunderbolt4ポートを搭載。Thunderbolt4ポートからは96Wの給電が可能なためMacBookの充電が直接できます。

また、Studio DisplayにはA13 Bionicチップを搭載し、センターフレームに対応した12MPの超広角カメラを備えています。

価格は199,800円(税込)から。予約受付はすでに開始されていて、発売日は3月18日です。

記事執筆者つっつん
つっつん
これに伴い?27インチiMacの販売が終了しました。
これから27インチはStudio Displayでよろしく!ってことかな?

以上、2022年3月9日のAppleの発表の簡単なまとめでした!