【WWDC21】iOS 15、iPadOS 15、macOS Montereyが発表

本日Appleが開催した『WWDC 21』にて「iOS 15」「iPadOS 15」「macOS Monterey」「watchOS 8」が発表された。

なかでも個人的に注目したい機能は「ユニバーサルコントロール」だ。同機能では他のデバイスとの連携機能が強化されており、例えばMacBookの画面からからiPadの画面にカーソルを行き来させることなどができる。

つまりMacBookで起動中のアプリケーションのページやファイルをドラッグ&ドロップでiPadやiMacに移動させることができるため、複数デバイスを使った作業がより効率化され、これまでのようにAirDropでファイルを転送する機会が減るものと思われる。

ちなみに「ユニバーサルコントロール」機能は3台まで同時に利用可能。デバイス間でコピペを連携できる「ユニバーサルクリップボード」機能とあわせて使えばさらに作業の効率化を計れるだろう。

記事執筆者つっつん
つっつん
残念ながらWWDC21では噂されていたハードウェア(MacBook)の発表はありませんでした…
各OSの詳細は下記リンク先よりご確認ください。正式リリースは今秋の予定です。

iOS 15

iPadOS 15

macOS Monterey

watchOS 8

WWDC21の基調講演の映像はこちら

広告