車検にかかる費用の内訳は?

本記事では車検に必要な費用の内訳をご紹介します。

はじめて車検を受ける方はどれくらいの費用がかかるのか気になると思います。

よければ参考にしてください。

車検にかかる費用の内訳は?

基礎知識として、車検費用は

  • 法定費用(自賠責保険料、自動車重量税、印紙代)
  • 車検基本料(24ヶ月定期点検料や検査手数料、代車費用など)
  • 修理費用(部品代や工賃)

の3つに大きく分けられます。

それぞれ解説します。

法定費用

法定費用は法律で定められた費用のため、どの店舗で車検を受けても同じです。

ただし自動車重量税は車種や年式、エコカー減免の有無によって費用が異なりますし、自賠責保険料は乗用車か軽自動車か、また加入時期によっても費用が異なります。

下表は1トン超から1.5トン以下の自家用乗用車で継続検査をする場合の法定費用の例です。

(エコカー減免なし。自動車の経過年数は12年以下。2021年4月以降に加入した自賠責保険の場合)

自動車重量税(24ヶ月分) 24,600円
自賠責保険料(24ヶ月分) 20,010円
検査手数料(5ナンバーの場合) 1,700円

自動車重量税(24ヶ月分)

自家乗用車の自動車重量税(24ヶ月分)の一覧は下表のとおりです。

重量 エコカー エコカー
(本則税率)
エコカー以外
13年経過未満 13年経過 18年経過
0.5トン以下 免税(0円) 5,000円 8,200円 11,400円 12,600円
〜1 10,000円 16,400円 22,800円 25,200円
〜1.5 15,000円 24,600円 34,200円 37,800円
〜2 20,000円 32,800円 45,600円 50,400円
〜2.5 25,000円 41,000円 57,000円 63,000円
〜3 30,000円 49,200円 68,400円 75,600円

その他の車種は国土交通省の「自動車重量税の税額表(PDF)」をご覧ください。

自賠責保険料(24ヶ月分)

自家用乗用車と軽自動車の自賠責保険料(24ヶ月分)の一覧は下表のとおりです。

表は2021年4月1日以降に加入した場合の料金です。

自賠責保険料
自家用乗用車 20,010円
軽自動車 19,730円

その他の車種は国土交通省の「基準料率(PDF)」をご覧ください。

車検基本料

法定費用は国または保険会社に支払うものですが、車検基本料は車検を依頼した整備工場に支払うものです。

法定費用のように料金が固定されておらず業者によって異なります。

車検基本料の代表的な内訳は下記の通りです。

  • 24ヶ月定期点検料
  • 検査手数料
  • 代行手数料

価格の相場は2万円〜10万円程となっています。

 

記事執筆者つっつん
つっつん
基本的にディーラーは高いです

修理費用

修理費用は部品の劣化や損傷などが見つかった際にかかる追加費用です

よくある例では、タイヤの溝が減っていることによるタイヤ交換、ブレーキパッドの残量が減っていることによるパッド交換などです。

ちなみにわたしはブレーキオイルの交換やタイヤのドライブシャフトブーツの交換、エンジンベルトの交換、発煙筒の交換などをしたことがあります。

年式の古い車は各部品も古くなっているため修理費用が嵩んでしまう傾向にあります。

▶︎車検費用に関する他の記事1
オートバックス車検でかかった車検費用を公開!若者の車離れは当然?

▶︎車検費用に関する他の記事2
オートバックス車検の見積もりを取ってきた!費用や割引は?

まとめ(相場)

自家用乗用車の場合、相場は法定費用が4万円〜7万円、車検基本料が2万円〜10万円で、合計6万円〜17万円となります。

さらに修理が必要な場合は修理費用が追加されます。

上述した通り、法定費用はどの整備工場でも固定ですが、車検基本料はさまざまです。

ディーラーだけでなくカー用品店や車検専門店、ガソリンスタンドといった選択肢がありますので予算に合うお店を選択してください。

最寄りの整備工場の料金は「楽天Car車検」で簡単にチェックできます。(ディーラーを除く)

「楽天Car車検」でみつけたお店で車検を受けると楽天ポイントがもらえます。詳細は以下の記事をどうぞ。

▶︎楽天車検×オートバックスで楽天ポイントを貰う方法

▶︎楽天車検のメリット・デメリット、評判・口コミは?楽天車検とディーラー車検の比較も