スポンサーリンク

Macの動作が重いと感じたらコレを一撃くらわせておこう!

どーもです!

今回の記事はMacの動作が重たいひと必見です。

お困りのひとは下記の方法をお試しあれ。  

スポンサーリンク

Dr. Cleaner(ドクター・クリーナー)

ご紹介するのは、トレンドマイクロ株式会社が2015年2月10日(火)よりMac App Storeで無償提供を開始した「Dr. Cleaner(ドクター・クリーナー)」。

「Dr. Cleaner(ドクター・クリーナー)」は、Macをより快適に利用するためのシステムチューナーアプリです。

これを使えばキャッシュファイル、ダウンロードファイル、ゴミ箱のファイル、アプリケーションのログファイルなどを1クリックで削除したり、メモリの使用状況をリアルタイムで監視し、不要なプロセスを削除してメモリを最適化することができます。  

動作環境

動作環境は以下のとおりです。

対応OS: Mac OS Xバージョン10.10「Yosemite」(リリース10.10.0以上)、 Mac OS Xバージョン10.9「Mavericks」(リリース10.9.0以上) CPU: Intelプロセッサ搭載、 メモリ(RAM): 2GB以上のRAM ハードディスク: 1.5 GBのハードディスク空き容量

 

実際に使ってみた

スクリーンショット 2015-02-13 20.43.16
▲まず「ディスククリーンを使う」をクリックします。  

 

スクリーンショット 2015-02-13 20.43.55
▲現在の使用状況が表示されますので、「スキャン」をクリックします。  

 

スクリーンショット 2015-02-13 20.44.28
▲1,13GBを削除できることがわかりました。

このままクリーンアップしてもいいですが、ぼくは「ゴミ箱のファイル」にもチェックを入れてみました。

 

スクリーンショット 2015-02-13 20.45.25
▲これで削除できるファイルなどは3.85GBに増えました。 次いで、「クリーンアップ」をクリックします。

 

スクリーンショット 2015-02-13 20.45.53
▲これで無事、ディスクのクリーンアップ完了となります。  

管理人のひとこと

「Dr. Cleaner(ドクター・クリーナー)」は無料アプリです。

しかも一瞬でクリーンアップできちゃいますので、Macが重いひとにはオススメですよ。

ではまた!

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク