スポンサーリンク

Kindle本はできればiPhone以外の専用端末で読んだ方がお得な理由

今回はKindleの電子書籍を「Kindle端末、Fireタブレットを持ってなくて iPhoneや iPadで読んでいる人」向けの記事となる。

スポンサーリンク

Kindle本を iPhoneや iPadだけで読んでいる人はモッタイナイかも

最近の僕は読書はもっぱらKindle本である。

電子書籍はとにかく安いし、持ち運びに便利だし、置き場所に困らない。

そのへんのことはだいぶ前に書いたことがある。

【関連】本は紙で読む派が9割超!?その9割の方々は損してますよ

それはさておき、今回の本題は「Kindleオーナーライブラリー」を利用してない人はもったいないですよーという話なのだ。

「Kindleオーナーライブラリー」とは、Amazonが指定する対象タイトルの中から好きな電子書籍を1か月に1冊、無料で読むことができるサービスをいう。

その「Kindleオーナーライブラリー」を利用するための条件は以下の2つ。

 

Amazonプライム会員に加入していること

Kindle端末、Fireタブレットを持っていること

 

この2つの条件を満たせば Kindle書籍は毎月1冊無料で読むことができるのだ。

で、何がもったいないかと言うと、毎月1冊無料だとそのうちすごい金額分の電子書籍がタダで読めてしまうことになるのに、それを有料で購入するなんて損だよねって話。

例えば、僕は今月1,200円の電子書籍をタダでGETした。もし来月も再来月もずっと1,200円の本をGETするものとすれば、1年間で14,400円分の電子書籍をタダで読めたことになるわけだ。これってかなり大きいと思う。

当然ながらAmazonプライム会員に加入すれば年会費が3,900円かかる。Kindle端末も4,980円(プライム会員特別価格)で購入しなければならない。

とはいえ、それでもよく本を読む人なら「Kindleオーナーライブラリー」の利用で浮くお金のほうが長い目で見れば大きいと思う。しかも、Kindle端末は買い切りだし読書で知識が付くというメリットを考えれば条件を満たさないまま iPhoneや iPadでKindle本を購入するのは本当にもったいないと思わないだろうか。

それになんといってもiPhoneよりも専用端末のほうが遥かに読み易い。

もちろん新刊は無料で読むことができない(たぶん)。それでも無料で読むことができるタイトル数はそこそこある印象である。

さらに注目のポイントは、Amazonプライム会員に加入しておけば「Kindleオーナーライブラリー」の利用以外にも映画やドラマ、アニメ見放題、音楽聴き放題などの凄い特典が目白押しなのだ。プライム会員のメリットについては下の過去記事を見てほしい。

過去記事Amazonの有料プライム会員に登録するメリットまとめ

まとめ

いかがでしょうか。

まだプライム会員に加入したことがない人には30日間の無料お試し期間が用意されているのでぜひ一度お試しあれ!(気に入らなければお試しだけで解約可能)

【関連】Amazonプライムビデオの無料体験期間後の自動有料更新を解除する方法

ではまた!

▶︎ Amazonプライム

スポンサーリンク