スポンサーリンク

Anker、キャンプ及び災害時に役立つポータブル電源「Anker PowerHouse」を発売予定!被災地には無償提供

Anker Japan (アンカー・ジャパン)は、キャンプ及び緊急・災害時バックアップ用の蓄電池として利用可能な、AC / DC / USB 出力を備えたポータブル電源「Anker PowerHouse」を、平成28年4月に発生した熊本地震被災地への災害用備品として、スマートサプライ(スマートサバイバープロジェクト運営)を通じて、100台分無償提供すると発表した。

一般の発売開始予定日は、2016年6月6日となる。

スポンサーリンク

キャンプ及び緊急・災害時バックアップ用の蓄電池として利用可能なポータブル電源「Anker PowerHouse」

618vrttEkaL._SL1000_

「Anker PowerHouse」は、USB / AC / DC の3種類の出力方式に対応したポータブル電源。4つの急速充電対応USBポート(PowerIQ 対応)に加え、ACコンセントとDCシガーソケットからも接続機器を充電可能となる。

災害時やキャンプなどで使われるミニ冷蔵庫や調理器、またキャンピングライトやノートPCにも給電可能だ。

61R2bXVvhGL._SL1000_

スマホはUSBポートから約40回、ノートパソコンはACコンセントから約15回フル充電可能。

キャンピングライトであれば連続約100 時間、ミニ冷蔵庫は連続約7時間、TVなら連続約4時間使用することができる。

また、本体のサイズは「約 200 × 145 × 65mm」。重量は約4.3kgとなる。

71nbCKe+8nL._SL1000_

これからキャンプやバーベキューをする機会が増える季節だが、アウトドア好きの人は1台持っておくと本当に便利だ思う。

夜はキャンピングライトで明るく照らして、音楽を聴きながら、ポータブル冷蔵庫でキンキンに冷やしたビールを飲むなんて最高だ!「Anker PowerHouse」が素敵な夏の思い出に一役買ってくれること間違いなしである。

製品の詳しい情報は下記リンクをご覧ください。

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク