スポンサーリンク

Googleが新メッセージアプリ「Allo(アロ)」を発表

Googleは現地時間の5月18日、開発者向けカンファレンスにて、新しいメッセージアプリ「Allo」を今夏から提供することを発表した。

メッセージアプリはLINEを使っているので要らないと思うかもしれないが、「Allo」にはLINEなどにはない最新の技術が盛り込まれており、多機能なチャットアプリとなっている。

Google Allo

Google Allo
開発元:Google Inc.
null
posted with アプリーチ

スポンサーリンク

特徴は文字サイズ変更や言語解析による回答例表示など

「Allo」は、チャットでのメッセージを送信するときに、文字の大きさを簡単に変更することができる。

例えば、強調したいメッセージのときは大きい文字で送信したり、悲しいときや控えめな発言のときには小さい文字で送信したりと、スタンプや絵文字、顔文字に頼らなくても、文字だけで感情を表現するのに便利な機能が搭載されている。

また、投稿する画像をアプリ内で簡単に加工して送信できるのも特徴のひとつである。

 

最大の特徴としては、人工知能である「Google Assistant」が搭載されていることだ。

「Allo」では、「Google Assistant」を搭載することで、言語解析によるチャットの回答例を表示してくれる。

表示された回答例の中に自分の気持ちと同じ回答があれば、それをタップするだけでメッセージが送信される仕組みとなっている。

文字を入力する手間が省けるため、忙しいときの返信などに役立ちそうだ。

 

また、チャット会話中にGoogleの検索機能も使えるようになる。

会話中に別アプリを立ち上げる必要もなくなるため、チャットから離れることなく、飲食店や地図の検索、お店の予約などができるとのこと。

アプリはAndroid、iOSの両方に対応する予定。

なお、カンファレンスでは「Allo」の他にも、ビデオ通話アプリ「Duo」や、音声認識スピーカー「Google Home」、VR(バーチャル・リアリティ)プラットフォーム「Daydream」の発表も行われた。

 

source:Googleblog , YouTube , Google Play

スポンサーリンク